FIX窓とはどんな窓なのでしょうか?メリット・デメリットについても紹介!

窓から光を取り入れて明るい窓に!


部屋に光を取り入れ、明るいお部屋にするためには窓の存在が大きいです。
窓からできるだけ多くの光を取り入れて、明るいお部屋にしたいですよね。
光を取り入れるための窓(採光窓)には様々な種類がありますが、今回はFIX窓と呼ばれる窓についてご紹介します。

FIX窓とは?


一般的な窓ですと、開け閉めができる窓を想像される方も多いと思います。
FIX窓は壁などに直接はめ込まれた窓のことで、開け閉めができない窓のことを指します。
英語のFIX(固定する)という意味からFIX窓と呼ばれています。
また、窓にはめ込まれて固定されていることから、はめ殺し窓とも呼ばれています。

FIX窓のメリットについて

落下等の危険に対する安全対策になる

小さいお子さんがいる家庭で心配なのが、お子さんが誤って窓から転落してしまうことではないでしょうか。
FIX窓は開閉ができない窓なので、お子さんが落下する心配がありません。
また、誤って物を落とすといったこともありません。
開閉が出来ない窓で鍵もついていないので、鍵を閉め忘れるという心配もありません。

気密性や断熱性、採光性が高い

FIX窓は開閉ができないことから気密性や断熱性が高いと言えます。
花粉が中に入ってこなくなるので花粉症対策になりますし、断熱ガラスと組み合わせることによって空気が外に逃げることが少なくなりますので、エアコンによる温度調整がより効率的になります。
また、普通の窓に比べるとガラス面を大きく取ることができるので採光性が高くなっています。

デザイン性の高い窓にすることができる

開閉が可能な窓の場合は窓枠が大きくなるので、どうしてもガラス部分が狭くなってしまいます。
FIX窓であれば窓枠が小さくなっているので、すっきりとした窓デザインにすることが可能です。
また、FIX窓では四角い窓だけでなく小さな窓や細長い窓、丸い窓といったように、窓を様々な形に変えることができます。
FIX窓は大きな窓にできるだけでなく、デザイン性の高い窓を実現させることができます。

FIX窓のデメリットについて

掃除をするのが大変

一般的な開閉式の窓と違い、開閉ができないFIX窓は外側を掃除する場合には外からしか掃除をすることができません。
また、家の中でも高い位置に窓がある場合はモップなどを使って掃除をしたり、場所によっては業者に依頼をしないと掃除が難しい場合があります。
FIX窓を取り入れる際にはメンテナンスのことまで考える必要があると言えるでしょう。

外からの視界を遮りづらく、プライバシーの確保が難しくなる

FIX窓は吹き抜けに使用されることも多く、住宅密集地では近所の家から丸見えになってしまうこともあります。
ガラスの透明度やデザインで調整はできますが、一般的なガラス窓に比べてプライバシーの確保は難しくなります。
FIX窓を設置する際には外からの目線を考慮して窓の配置などを工夫する必要があります。

換気ができない

もともと換気を目的として作られていない窓で、開閉ができないので換気ができません。
エアコンの温度調整の効率化ができる一方で空気を逃がすことができないので、換気は難しいでしょう。

FIX窓のメリットとデメリットを知って明るいお部屋づくりをしていきましょう


今回はFIX窓の説明と、メリット、デメリットについてご紹介しました。
FIX窓を設置する場合はどんな形状でどの場所に設置し、どのくらいの大きさになるのかは重要な点です。
設置を行う際には信頼できる業者からアドバイスをもらうと良いでしょう。
FIX窓にはデメリットもありますが、メリットや魅力も多いので、魅力を最大限に生かせるようにしたいですね。