浴室・お風呂の断熱リフォームの方法って?窓の断熱、ヒートショックを防ぐ方法についてご紹介します

浴室・お風呂の断熱リフォームにはどのような方法があるの?


現在使用しているお風呂が古くなってきた、カビが気になる、お風呂場が寒いといったお悩みはないでしょうか。
お風呂場は身体を洗って清潔にするだけでなく、一日の疲れをゆっくりと取ることのできる空間です。
いつも綺麗で暖かいバスルームで日頃の疲れをゆっくりと取りたいですよね。
そこで今回はお風呂の断熱リフォームにはどのような方法があるのか、また、お風呂や脱衣所の寒さ対策についてもご紹介します。

お風呂の断熱リフォームの方法について

タイル風呂をシステムバス(ユニットバス)にリフォームする


昔ながらのタイル張りのお風呂は、断熱性に乏しく寒く感じることがあります。
タイル風呂の断熱リフォームを行う際には、天井や壁を一度取り壊して断熱材を設置してから新しいバスルームを造っていくことになります。
断熱材を設置した上で、以前と同じように仕上げることも可能ですが、新しくリフォームを行うのならば、新しいお風呂に変えたいという方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合にはタイル風呂をシステムバスに変更するリフォームを行うことも可能です。
システムバスはユニットバスとも呼ばれ、壁や床、天井になるパネルや浴槽を組み立てて施工を行います。
このパネルを断熱仕様のものにすることによって外の寒さを遮断し、中の温かさは逃さない温かいお風呂になります。

お風呂の窓を二重窓にして外気をシャットアウトする


お風呂場の断熱リフォームを行うにあたって重要なのは窓の存在です。
窓は外に直接繋がっている部分でもあるので、窓の設置方法によってお風呂の寒さが大きく変わってきます。
近年では室内の寒さ対策に二重窓が普及してきましたが、お風呂の保温対策を行う際にも二重窓は効果があります。
窓を二重にすることでガラスとガラスの間に空気の壁が生まれます。
この空気の壁が外の外気を遮断するので、温かくなったお風呂が冷えてしまうということが無くなるのです。
また、ガラスとガラスの間に空気の層が出来ることによって、断熱性だけでなく遮音性を高めることもできます。

お風呂場でのヒートショックを防ぐ方法について

浴室が寒いとお風呂に入るのも億劫になってしまいますよね。
また、部屋とお風呂の温度差があることで「ヒートショック」が起こってしまう可能性もあるのです。
ヒートショックとは急激な温度変化によって起こる身体の変化のことを言います。
暖かい所から急に寒い所へ移動することで血管が収縮し、急激に血圧が上昇することで心臓発作や脳血管障害を引き起こしてしまうことがあります。
衣服を脱いで、熱い湯舟に入るお風呂はヒートショックが起こりやすい場所であると言えます。
ヒートショックを防ぐためにはお風呂内や脱衣所を温かくしておく必要があります。
ヒートショックを防ぐ対策としては以下のことが挙げられます。

お風呂場に浴室暖房乾燥機を設置する


お風呂でのヒートショックを防ぐためには、風呂場に浴室暖房乾燥機を取り付けると良いでしょう。
入浴前に浴室暖房乾燥機でバスルーム全体を温めておくことで、浴槽から出た後であっても寒さを感じることが無くなります。
また、浴室暖房乾燥機はバスルームを温めるだけでなく湿気を取り除く効果もあるので、お風呂にカビが生えるのを防止することができます。
浴室暖房乾燥機を取り付けることによって、洗濯物の室内干しにも役立ちます。
風呂場の中に物干しバーを設置することで雨の日であっても、温風で洗濯物を乾かすことが可能になります。

脱衣所に簡易ヒーターを設置する


ヒートショックを防ぐためにはお風呂だけでなく、脱衣所も温めておく必要があります。
脱衣所を温める方法としては石油ファンヒーターを設置することを考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、脱衣所は狭い空間であり、衣服やタオルなどの可燃性のものが多い場所でもあります。
石油ストーブやファンヒーター等の火気があり換気が必要な暖房器具を置くのは極力避け、脱衣所用の簡易ヒーターを取り付けるのが最も良い方法です。
また、足元に暖房機が置いてあるとホコリが火災の原因となる可能性もありますので、掃除は小まめに行うようにしましょう。

リラックスできる空間のはずのお風呂が、断熱対策がされていないことによって命の危険に関わることもあります。
しかし、しっかりとお風呂の断熱対策を行うことによって寒い思いをすることなく、誰でも快適に入浴することができます。
信頼できる業者さんに依頼をして、お風呂場のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。