採光窓の種類を知り、高窓や地窓を取り入れて明るい戸建にリフォームしましょう。

採光窓の効果と役割

採光窓はその名の通り、部屋に光を取り入れるための窓です。
一般的なベランダやお庭に出るための窓だけでなく、採光用に設置される窓もある事を知っていましたか?

本日は皆様に人気の「明るいお家」を目指すためのヒントとして、採光窓の種類や効果についてご紹介します。

採光窓の役割①光を取り込む

まず役割の1つめは光を室内に取り込むという点です。
例えば今住んでいらっしゃるお家が仮に南向きでなくても、窓の位置でお家の中の明るさは変わります。
ただデザイン性だけでお家をリフォームするのではなく、機能性を重視した窓を設置しましょう。

採光窓の役割②通気を良くする

はめ込み式の窓でなければ開ける事ができますので、お部屋の換気としても使う事ができます。
通気を良くする事でカビの発生を抑える事ができ、お子様がいらっしゃるお家には嬉しい効果がある窓なのです。

採光窓の役割③家の中から外を確認する、景色を楽しむ

四季折々の景色や天気を家の中から見る事ができます。
また、採光窓をデザイン重視しステンドグラスのようにする方もいらっしゃいます。
やわらかい光が差し込み、直射日光よりも優しくなります。

採光窓の役割④壁に自然の写真を飾ったような景色(借景等)として

お庭に植えている木やガーデニングスペースなどが見えるように設計する事で借景としての採光窓を利用する事ができます。
まるで壁に写真を飾っているかのような、採光窓であり額縁である使い方もできますね。

採光窓の種類

天井に設置する「天窓」=トップライト

天井に設置する「天窓」=トップライト

天窓を取り入れるメリット

天井に設置しますので、完全にプライバシーを保護しながら明るさを取り入れる事ができます。
お家が南向きでなくても明るくしたいお部屋の天井に取り付ける事ができます。吹き抜けのお家や2階の子供部屋など暗くなりがちな場所に取付することで時間帯にあまり左右されることなく採光できます。
直射日光をあえて避ける意味で、北側や東側に設置する事をお勧めします。

天窓を取り入れる注意点

天窓の外側は屋根の上なので、ベランダから安全な経路で窓まで行くことができなければ掃除は大変危険なので頻繁にできません。
鳥糞被害など住んでみないとわからない中古物件の場合、定期的な清掃が必要になります。

壁の高い位置に設置する「高窓(たかまど)」=ハイサイドライト

壁の高い位置に設置する「高窓(たかまど)」
高窓は壁の高い位置に設置している、一般的に横長な窓の事を指します。
私事ではありますが、昔通っていた学習塾にも高窓があったのですが、そこは防災も含めて開ける事ができるタイプでした。
住宅でははめ込み式であかないようになっている窓もあります。
吹き抜けのお家に取り入れると全体が明るくなりますので、効果をより感じていただくことができます。

高窓を取り入れるメリット

お部屋があまり明るくないと感じているお部屋に高窓を取り入れる事で、光が天井や壁の高い位置で反射し、お部屋全体が明るく見える効果があります。
高い位置に設置しますので、人の目線より高い位置に設置すればプライバシーを保護しつつ採光できる点が大きなメリットです。

高窓を取り入れる注意点

あまり高すぎると窓のお手入れがしにくく、汚れたままの状態になってしまいます。清掃は専門の業者に委託するケースもあります。

昔からなじみのある「腰高窓」=サイドライト

サイドライト
大人が立った時に腰くらいの高さにある窓の事を、腰高窓と呼びます。
屋外との行き来をしない窓は腰高窓を採用しています。

腰高窓を取り入れるメリット

手の届く高さに設置されているので、掃除などの手入れがしやすいです。
また、視界の高さがあっていますので、学校から帰ってきたお子様を窓から確認したり、お庭にいる犬の様子を見る等視覚的メリットが一番あります。

腰高窓を取り入れる注意点

家の中からも視界良好に見える分、外からものぞかれやすいという事が挙げられます。
外出時にはきちんと施錠とカーテンを閉めておかないと、防犯上トラブルの原因となります。

和室などに良く取り入れられている「地窓(ちまど)」=ローサイドライト

和室などに良く取り入れられている「地窓(ちまど)」
地窓は昔はホウキでゴミを集めた後に外に掃き出すために設置された窓でした。現在では換気や採光の目的で設置されています。
特定の場所に設置しなくてはいけないという制約はありませんが、特に和室と相性の良い窓と考えています。
片面が障子の窓、もう片面に押入れの下に空間を作り、採光用として地窓を設置する方が増えています。

地窓を取り入れるメリット

高窓だと直射日光で眩しい方角でも、地窓なら眩しくないけれど採光ができます。
低い位置にありますので、窓の掃除がしやすいメリットがあります。

地窓を取り入れる注意点

窓が開くタイプであればしゃがまないといけないので、お年寄りやお身体を痛めている方には開けにくい事が挙げられます。

開閉ができるタイプなら、オプションで網戸を付ける事もできる

メインの窓ではない時、換気のために窓を開けようと思ったら虫が入ってきてしまうこともあります。
埋め込み式ではない場合、メーカによってはオプションで網戸も設置する事ができます。
何のための窓なのか目的をはっきりさせると、本当に必要なものに予算をかける事ができますよ。

株式会社協大工業にリフォームの事相談してみませんか?

株式会社協大工業では、住宅資金相談、土地相談、リフォーム外装・内装相談など、初めてリフォームをする方でも安心して進められるようサポートしております。

また、リフォームする際は実際に工事をしてみて追加費用が掛かってしまったという事がないよう、家検®を事前に行う事をお勧めしています。
家検®はお家の健康診断です。基礎や構造に弱っているところが無いか、第三者の目線で細かくチェック致します。