床やフローリングの断熱の方法とは?床断熱リフォームを行うことで快適な暮らしを手に入れましょう

自宅が夏は暑く、冬は寒く感じるその原因とは?

我が家は夏は暑くて冬は寒いというお悩みを抱えてはいませんか?
家の中にいる時に夏は暑く感じて、冬は寒く感じるのは住宅の断熱が上手くいっていない可能性があります。
家の断熱性が低いと、暖めた冬の室内の熱はすぐに外に逃げていき、冷やした夏の室内には外からの熱気が入り込んでしまいます。
断熱対策を行場合、壁や屋根、窓などに施工を行うことが多いですが、床の断熱を考えることも住宅全体の断熱を考えるのに必要なことです。
築年数の古い家などは床に断熱材が敷かれていなかったり、断熱材が劣化していることで床断熱の効果が失われている可能性もあります。
床断熱をしているのに部屋が寒いという場合には一度床下の点検を行う必要があるでしょう。

床断熱材が機能を果たしていないケース

床の断熱材が劣化している

床下は湿気が多く、経年とともに断熱材も劣化していきます。
また、断熱材だけでなく床全体が劣化していることもあり、家の断熱性を低下させる原因になっています。
床やフローリングのリフォームを考えている場合は、一度床下の点検を行った上で一緒に断熱工事も行うと良いでしょう。

断熱材の施工不良

断熱材を敷いていても、きちんと施工がされていないということもあります。
断熱材が脱落していたり、断熱材の一部が床に密着していないという状態になっていると、設置した断熱材がうまく機能しなくなってしまいます。

床の断熱材が変形している

断熱材は経年などで変形し、床下にすき間ができてしまうことがあります。
断熱材を敷いていても、床と断熱材がぴったりと密着していなければ断熱効果を十分に発揮することができません。
また、床下のシロアリや小動物の仕業によって断熱材の状態が悪くなってしまうこともあります。
床下は普段は目に見えない分、しっかりと点検を行っていきたいですね。

床断熱リフォームに使用されている断熱材の種類

発砲プラスチック製の断熱材


発砲プラスチック製の断熱材は4種類の断熱材の中でも最も高い断熱効果があります。
また、発砲プラスチック製の断熱材は嵩張ることが無いので、場所を取ることなく効率良く断熱を行うことができます。
その分価格は高くはなりますが、施工に手間が掛からないので工事費用が安く済むというメリットがあります。

木質繊維系の断熱材

こちらは木材から作られた断熱材です。
一般的にはウッドファイバーという名称で呼ばれています。
原料が木材ですのでアレルゲンになる可能性が低く、シックハウス症候群対策にもおすすめです。
また、天然素材を使用しているので、廃棄することを考えるととてもエコな断熱材であると言えます。
木質繊維系の断熱材は調湿作用があり、床下の湿気をコントロールし結露を防止してくれます。

天然素材の断熱材

羊毛や炭化コルク等の天然素材を使用した断熱材です。
こちらも天然素材を使用しておりますので、アレルギーやシックハウス症候群対策におすすめの断熱材です。
また、木質系の断熱材と同様に調湿作用があります。
デメリットは他の断熱材に比べると価格が高くなっています。

無機繊維の断熱材

無機繊維の断熱材は鉱物を原料とした断熱材です。
「グラスウール」「ロックウール」と呼ばれる素材からできています。
防音作用も高いので、床下断熱に多く使われています。
また火に強い不燃材でもあるので、古くから住宅の断熱材として使用されています。
価格帯も手頃ではありますが、断熱効果を得るためには多くの分量が必要となるため嵩張ってしまうというデメリットがあります。

床断熱材は床上に設置するものと床下に設置するものがあります。

床上に設置する断熱材


床の張り替え工事を行う時に断熱材を床の組み木の間に挟んで設置する方法です。
手軽に工事を行うことができるのでコストを抑えることができます。
しかし、寒冷地等の下からくる冷えに対しては十分な断熱効果が得られない場合があります。

床下に設置する断熱材

床はそのままで床下のスペースに断熱材を設置する方法です。
床上に設置するタイプと比べて選べる断熱材の種類も豊富です。
しかし、床上のスペースには必ず通気性を確保するようにしましょう。
外気との温度差によって室内に結露が生じやすくなったり、カビなどの原因にもなったりすることがあるので注意が必要です。

床断熱リフォームは工法や素材の組み合わせによって掛かる費用が変わります。
それぞれメリットやデメリットがありますので住まいの状況や予算に応じて最適な方法を選択すると良いでしょう。
床の断熱リフォームを行う際には、信頼できる施工業者さんとよく相談しながら計画を立てた上でリフォームを行うと良いでしょう。