キッチンに合ったカップボードの選び方とは?

キッチンのカップボードとは?


キッチンのリフォームを考えた時に、キッチン周りの中でも頭に入れておきたいのがカップボード・キッチンボードのことです。
カップボードは毎日のように使用することの多い場所ですので、使いやすいものをセレクトしたいところですが、
カップボードには様々な種類が存在し、組み合わせも多数あるので、我が家のキッチンにはどのようなカップボードが合っているのか判断が難しい場合があります。
そこで今回はカップボードがどのようなものなのかや、カップボードの種類・特徴についてご紹介致します。

カップボードとはどのようなものなのでしょうか


カップボードとはカップやお皿などの食器類を収納する食器棚のことを指します。
主にシステムキッチンと並べて設置する食器棚のことを指し、キッチンとカラーを揃えることでコーディネートを楽しむことができます。
カップボードはシステムキッチンに組み込まれていることが多いですが、後付で設置することも可能です。
また、カップボードはキッチンで使用することを想定した棚なので、炊飯器や電子レンジを置くスペースが取られていたり、食器を綺麗に収納するための
お皿立てが付いていたりと、キッチンで使用することに特化した棚となっています。

カップボードの設置方法の違いについて

カップボードは壁や床に固定して設置する「作り付け型」と床に置いて設置する「据え置き型」があります。
作り付け型のカップボードは業者に工事をお願いして壁や天井にカップボードを固定して設置します。
据え置き型のカップボードはインテリアショップやホームセンターなどで別途購入したカップボードを後から設置することを指します。
作り付け型と据え置き型のカップボードにはそれぞれメリット・デメリットが存在します。
それぞれのカップボードのメリットとデメリットをご紹介します。

作り付け型のカップボードのメリット

収納力が高い

作り付けのカップボードは設置位置やサイズを自由に指定できるので、例えば床から天井までの壁一面を収納棚にすることも可能です。
キッチン用品や食器が増えていったとしても大容量の収納スペースを確保しておくことで、食器類をすべて収納することができます。

耐震性に優れている

据え置き型のカップボードの場合、耐震対策をしていないと大きな地震が発生した際に倒れる危険性があります。
作り付けのカップボードの場合は工事によってしっかりとすき間なく取り付けられるので、耐震性に優れています。
カップボードの安全性も重視したいという場合には作り付けのカップボードが良いでしょう。

見た目や導線にこだわることができる

作り付けのカップボードは見た目の美しさにもこだわることができます。
システムキッチンのメーカーがカップボードも販売している場合には、同じメーカーのものを選ぶことでキッチン周りに統一感を持たせることができます。
また、作り付けのカップボードは収納の組み合わせも自由に指定することができるので、使い勝手の良い理想のキッチンを作りあげることができます。

作り付け型のカップボードのデメリット

デザインのバリエーションが少ないことがある

作り付けのカップボードはシステムキッチンと揃えることで統一感を出すことができますが、予めデザインが決まっているのでインテリアにこだわりのある方には物足りなく感じる場合があります。
後から色々なお店を見て、キッチンに合うカップボードを選びたいという方には据え置き型のカップボードが向いているかもしれません。

据え置き型のカップボードと比べて価格が高い

工事が必要な作り付けのカップボードは、据え置き型のカップボードと比較すると費用が高くなります。
配置や大きさをカスタマイズできるのは魅力的ですが、カスタマイズが多くなるとその分費用はかかります。
カップボードにとことんこだわるのか、その他の部分に費用を掛けるかどうかしっかり考えてから決める必要があります。

レイアウトの変更が難しい

作り付けのカップボードは工事で壁にしっかりと固定されるので、後からレイアウトを変更しようと思っても変更が難しい場合があります。
後から収納はこんなに必要なかった、思ったよりも場所を取ってしまったと思っても後から変更することはできません。
キッチン周りは臨機応変に変えていきたいという方には据え置き型のカップボードが向いているかもしれません。

据え付け型のカップボードのメリット

作り付けのカップボードと比べて値段が安い

据え置き型のカップボードは作り付けのカップボードと比べて価格が安い傾向があります。
インテリアショップやホームセンターで購入するのはもちろん、最近ではネット通販でも安価なカップボードが売られていますので費用を抑えたい方におすすめです。

簡単に設置することができる

工事が必要な作り付けのカップボードと比べて据え置き型のカップボードは購入したものを置くだけなので設置が簡単です。
購入したその日からカップボードを使用できますし、後から配置を変えたいという場合にもすぐに対応が可能です。

ライフスタイルに合わせて交換が可能

据え置き型のカップボードはライフスタイルの変化や使い勝手に応じて交換していくことが可能です。
家族が少ないうちは場所を取らない小さなものを使用し、家族が増えたらそれに合わせて新しいものに交換するといった使い方も可能です。
ライフスタイルに応じてカップボード変えたいという方には据え置き型がおすすめです。

据え付け型のカップボードのデメリット

地震の際に転倒する恐れがある

据え置き型のカップボードはただ置いておくだけだと地震が起こった際に転倒する恐れがあります。
転倒を防ぐためにはカップボードに耐震対策を行う必要があります。
お洒落な見た目でかつ安全性も確保できるキッチンにしたい場合は、耐震性の高い作り付けのカップボードが良いかもしれません。

収納力が低い

壁一面を収納にできる作り付けのカップボードと比較すると、据え置き型のカップボードは収納力で劣ります。
食器や調理器具などキッチン周りのものをすべて収納するとなるとそれなりの大きさの収納が必要になります。
ものが多くなりがちなキッチン周りは収納力を重視する場合には作り付けのカップボードが向いているかもしれません。

壁や天井とのすき間が空いてしまう

据え置き型のカップボードは壁や天井との間にすき間ができやすいというデメリットがあります。
すき間ができると埃が溜まりやすくなるだけでなく、狭いすき間にものを落としてしまうこともあります。
すき間が少しもない見た目が美しいキッチンにしたいという方には作り付けのカップボードがおすすめです。

カップボードの違いを知って理想のキッチンを作りあげましょう

今回はカップボードについての説明やカップボードの種類についてご紹介しました。
カップボードはキッチンの収納力や見た目の美しさを左右する場所でもあります。
使い勝手やライフスタイルに合わせた選択ができたら良いですね。