直接照明と間接照明の違いとは?お部屋への照明の取り入れ方について

照明を効果的に部屋に取り入れるには?


お部屋の照明は変えるだけでお部屋の雰囲気をガラッと変えることができます。
リフォームを行う際にはお部屋の照明にもこだわりたいですよね。
間接照明はおしゃれだと聞いたことがあるけれども、具体的にどのような照明なのか気になったことはありませんか?
また、間接照明とは対照的な照明として直接照明も存在します。
今回は間接照明と直接照明の違いや、お部屋への取り入れ方についてご紹介します。

間接照明と直接照明の違いとは?

直接照明は人や床に直接光を当てる照明のことを言います。
部屋のメインの照明になることも多く、生活していく上で基本となる照明です。
天井からの光が直接人や床に向けられ、お部屋全体を満遍なく明るくしてくれます。
部屋で活動したり、作業を行いたい時には欠かせない照明です。

間接照明は光を壁や物に当てて、反射光を利用して周囲を照らす照明のことを言います。
主に壁を照らし、その反射光で床や手元を明るくすることができます。
光を一度反射させることで、眩しさが抑えられるのでリラックス効果が期待できるだけでなく、部屋の雰囲気作りにも役立つ照明です。
また、陰影が付くので部屋に奥行き感を出す効果もあります。

直接照明の特徴


直接照明の特徴は主に天井に設置されていて、直接床を照らすので日常生活に必要な明るさを確保できるという点です。
お部屋で作業を行ったり、読書したりすることを考えると、照明には部屋全体を照らすことのできる明るさが求められます。
間接照明を取り入れる際にも、直接照明の光を基本として配置を考えますので、お部屋に設置する照明として欠かせない照明だと言えます。
直接照明の分かりやすい例としてはシーリングライトやダウンライト、蛍光灯など天井に取り付けるタイプの照明が挙げられます。

直接照明のメリット

間接照明の特徴


間接照明は反射光を利用して光を当てる照明ですので、穏やかな柔らかい光を作り出すことができるという特徴があります。
そのため、気分を落ち着かせたり、部屋の雰囲気づくりをしたい時におすすめの照明です。
直接照明は生活に必要な光を作り出す照明ですが、間接照明は部屋に遊びや余裕を作り出すための照明と言えるかもしれません。

間接照明のメリット

間接照明をお部屋に取り入れるポイント

間接照明は反射光を利用して間接的にお部屋を照らすので、配置が重要になってきます。
間接照明の効果的な使い方についてご紹介します。

天井に光を反射させる


間接照明を天井に光を向けて、そこで反射した光で部屋を照らします。
天井を間接照明で照らすことで、反射した光が部屋全体に広がるので落ち着きのあるリラックス効果の高い雰囲気を作り出すことができます。
天井が低い部屋の場合は天井を照らし、部屋が狭いという場合には壁を照らすようにすると、より心地よい空間になります。

壁に光を反射させる


テレビの裏やソファーの裏などに間接照明を隠すようにして壁を照らします。
すると部屋に陰影がつくので、お部屋全体に立体感を演出することができます。
また、間接照明で照らされている箇所は視線を集める効果もありますので、目立たせたい部分に間接照明を配置することもできます。

注目させたい箇所に光を照らす

例えば美術館ではスポットライトを使って光を当て、作品が目立つような演出をしています。
お部屋に間接照明を取り入れる際にも目立たせたいアートや写真、植物などに光を照らしてあげることで、注目を集めることができます。
また、上から照らしたり下から照らしたりなど光を当てる角度を変えるだけでも雰囲気が変わります。

直接照明と間接照明をお部屋に取り入れてメリハリのある部屋づくりをしましょう

今回は間接照明と直接照明の違いとお部屋への取り入れ方についてご紹介しました。
直接照明と間接照明を組み合わせて使用することでお部屋にメリハリが生まれ、部屋の雰囲気を自在に変えることができます。
リフォームを行う際には照明選びにこだわってみるのも良いのではないでしょうか。