ダウンライトの配置で部屋の雰囲気が決まる!お部屋にダウンライトを設置するポイント

ダウンライトの配置は失敗しやすい!設置する時のポイントとは?


照明にダウンライトを配置してお部屋をオシャレな空間にしたい!と考えたことはありませんか?
ダウンライトは見た目がスッキリとしていてオシャレな印象を与えるだけでなく、灯りの加減やダウンライトの配置で部屋の雰囲気がガラッと変えることができます。
家のリフォームを考えている方はリフォームをするのなら照明にもこだわりたいという方もいらっしゃるかもしれません。
ダウンライトは穴を開けて設置するため、後から場所替えができないという特徴があります。
そんなダウンライトの配置は絶対に失敗したくないですよね?
そこで今回はダウンライトを設置するときのポイントについてご紹介致します。

ダウンライトとは?


ダウンライトとは天井に埋め込まれていて床や壁を照らす照明器具のことを指します。
ダウンライトは光が必要なところに直接光を当てることができます。
ダウンライトはシーリングライトやスタンドライトと異なり、照明器具が直接天井内に埋め込まれているので、照明器具が見えにくいようになっています。
そのため、お部屋を照明器具が主張しすぎることのない、オシャレでスタイリッシュな空間にすることができます。
また、ダウンライトは光を当てたい場所をピンポイントで明るくすることのできるスポットライトとしても活用できます。
家事をするキッチンや読書スペースなどにダウンライトを配置することで、明るさを確保できるので作業がしやすくなります。
ダウンライトを部屋の中に上手に配置することができれば、スタイリッシュで使い勝手の良いお部屋を作り上げることも可能です。

ダウンライトの配置に失敗してしまう理由

ダウンライトは光量が少ないので暗く感じる

ダウンライト設置の失敗の多くはリビングが暗い印象で明るさが足りないという理由です。
スポットで照らすダウンライトは1つあたりの光量がそれほど大きくはありません。
例えばシーリングライトのような明るさを確保しようとすると多くのダウンライトが必要になります。
また、光が広がらないので周囲の空間との対比すると暗く感じることがあります。
特に天井は床や壁からの反射光でしか照らされないので、床面と比べると暗い印象になります。

ダウンライトを直接見ると眩しく感じる

ダウンライトの光源を直接見えるように配置すると、思っていたよりも眩しく感じることがあります。
ダウンライトは発光して見える箇所が小さく、光が広がらないので光源が直接見えると眩しく感じます。
リビングのような寝転んだり座ったりする場所では光源が目に入ってしまうとゆっくりと寛ぐことができません。
また、作業スペースに設置する場合には明るくすることで作業者に影ができてしまい、逆に見えづらくなるといったことも起こります。
そのため、ダウンライトの位置と光の方向をよく考えた上で設置する必要があります。

追加で設置するのが難しい

ダウンライトは設置後に配置をずらしたり、照明を後から増やすのが難しい照明です。
後から照明を追加したいと思っても、ダウンライトは直接天井に埋め込まれている照明なので、追加で設置することは困難を伴います。
仮に追加で設置するとなると天井をはがしたり電気配線や器具を取り付ける必要があるので、手間と費用がかかります。

室内にダウンライトを設置する時のポイント


ダウンライトは後から位置を簡単に変えることが難しい照明です。
ダウンライトの設置に失敗してお部屋の雰囲気が悪くなってしまったということのないように、ダウンライトを設置する際のポイントについてご紹介します。

家具の真上に設置する

ダウンライトは家具の真上に設置するのが基本です。
テーブルの上など特定の場所に光を集めることができるので、メリハリのある洗練された空間を演出することができます。
照らす必要がない壁やエアコンなどが照らされることもなくなるので、落ち着いてまとまりのある印象になります。
テーブルやデスクといった食事をしたり勉強や書き物をするような家具の真上には他の部分よりも間隔をつめて設置するのがおすすめです。

均等に配置する

家具の位置が決まっていない場合や、模様替えの予定がある場合にはダウンライトを均等に配置するようにします。
天井にダウンライトを均等に配置することにより、部屋全体を明るく照らすことができます。
天井や壁まで光がいきわたるように設置することも可能なので、シーリングライトを使用した時よりも部屋を明るくすることもできます。
均等に配置することでどの位置に家具を移動させても困ることがありません。

他の照明との組み合わせも考える

お部屋の照明がダウンライトのみだと暗さが気になることもあります。
そんな時には他の照明を組み合わせて使用するようにすると、メリハリのある空間になります。
自由に場所を変えることのできるスタンドライトはお部屋の明るさを補うことができます。

お部屋にダウンライトを配置して快適な空間を作り上げましょう

今回はダウンライトで失敗しがちなポイントや配置の方法についてご紹介しました。
ダウンライトは種類も豊富で、上手くお部屋に取り入れることでスタイリッシュで快適な空間を作り上げることができます。
ダウンライトをお部屋に取り入れる際には後悔のないようにしっかりと配置を考えたいですね。