【白熱電球・LED電球・蛍光球】お部屋の照明におすすめの電球について

白熱電球やLEDを始めとする電球にはどのような種類があるのでしょうか


私たちのお部屋の照明に使用されている電球は主に「白熱球」「蛍光球」「LED電球」の3つに分類されます。
普段あまり意識していないとこの3つのタイプの電球にどのような違いがあるのか分かりづらいのではないでしょうか。
照明器具はただ部屋を明るくするだけでなく、部屋の雰囲気作りにも影響を与えます。
そこで今回は電球についての説明と部屋のタイプ別におすすめの電球についてご紹介致します。

白熱電球の特徴について


白熱電球は照明を買った際に付属していることも多く、最もポピュラーな電球です。
電球のコストが安く、初期投資を低く抑えることができます。
白熱球は温かみのある明かりで、お部屋が温かく優しい印象を与えるような光色が特徴となっています。
暖色の明かりは料理を美味しく見せてくれますので、ダイニングの電球にお勧めです。
照明を付ける際にも瞬時に点灯しますので、照明を頻繁に付けたり消したりするようなお部屋に向いています。
短所としては電球の寿命が短いということと、温暖化対策の一環として、メーカーが相次いで製造を中止している状況なので入手が困難になってきています。

LED電球の特徴について


LEDはLight Emitting Diodeの略称で、発行ダイオードを利用した電球のことを言います。
LED電球の最大の特徴は電球の寿命が長いということと、消費電力が低く、電気代を安く抑えることができるという点です。
一度設置するとしばらく電球を変える必要がないので、取替えが面倒な高い場所などの設置に向いています。
LED電球には電球が熱くならないという特徴がありますので、観葉植物を照明で照らしたいという時にもお勧めです。
また、振動や衝撃に対する耐性が高く、壊れにくいという特徴があります。
短所としては導入コストが高く、初期投資は高くなってしまうこと、白熱電球と比べると重量がある所です。

蛍光灯の特徴について


蛍光灯も家庭で広く使われている電球です。
白熱電球と比べると消費電力が少なく、省エネに役立ちます。
影が出にくく熱くなりにくいという特徴があるのでオフィスや学校でも多く利用されています。
現在、白熱電球の製造の中止が相次いでいる関係で、白熱電球のソケットをそのまま利用して設置することのできる「蛍光球」が発売されています。
短所として蛍光球はスイッチをつけてから完全に明るくなるまで数分の時間が掛かります。
ですから頻繁に照明を付けたり消したりするような場所には向かないでしょう。

価格と電気代と寿命から3つの電球を比較する

白熱球蛍光球LED電球
価格帯100円~300円程度400円程度3,000円程度
電気代高い安い
(白熱電球の1/4)
安い
(白熱電球の1/8)
寿命約1,000時間~4000時間約10,000時間約40,000時間

3つの電球を比較して使用用途に合った電球を選択しましょう

今回はお部屋の照明に必要不可欠な電球についてご説明しました。
それぞれ価格帯や寿命が異なるので、予算や用途を照らし合わせながら選んでいく必要があります。
3つの電球の特徴を踏まえて、用途に合わせた電球を選んでいきましょう。