浴室リフォームは何を重視したらいい?浴室リフォームを考えたら必読!!

浴室リフォームのポイント

浴室リフォーム
浴室のリフォームをしたい!
だけど、浴室リフォームにはどんな種類があって、どんなものを選べばいいのかいまいちよく分からないと悩んでいませんか?
大まかに浴室のリフォームには、ユニットバス、ハーフユニットバス、在来工法の3つがあります。
現在はユニットバスが一般的になってきていますが、「檜のお風呂が夢だった!」「大理石の床材で高級感をだしたい!」など自分の求める理想の浴室がある場合、どんなリフォームの方法があるのかをまず抑える必要があるでしょう!

まずはどんな浴室にするか考えよう!

ひのきのお風呂
まずは今現在、浴室のどのようなことに不便を感じているのか、何を変えたいのかを考えることが重要です。
浴室に対するお悩みの多くが「掃除が大変」「すぐカビが生える」など、浴室の清潔に関するお悩みです。
そんなお悩みを抱える方には「ユニットバス」をおすすめします。
ユニットバスと言っても、2点ユニットバス・3点ユニットバス・ハーフユニットバスなど種類があります。

ユニットバス

浴室リフォームで一番人気なのが「ユニットバス」です。
ユニットバスと聞くと、単身者のアパートによくあるトイレ付の浴室を想像される方が多くいらっしゃいますが、ユニットバスには2点ユニットバスと3点ユニットバスがあり、2点ユニットバスは浴槽と洗面、3点ユニットバスは浴槽・洗面・トイレがセットになったものを指します。
ユニットバスは、壁や床、浴槽、天井まで全てが一体になって販売されている浴室のことで、水漏れの心配も少なく、施工によるつなぎ目が少ないため掃除がとってもラクです。
ただし、決まったサイズの中から浴室スペースに収まるサイズを選択することになるため、余分なスペースが生まれてしまうことはデメリットといえるでしょう。

そんな無駄なスペースをつくらないために考えられたのがタカラの「ぴったりサイズシステムバス」ですこちらは、2.5㎝刻みで浴室スペースに合わてくれる商品です。
参考:https://www.ktn-works.com/works/bath_reform/takara_pittari_nobinobi.html
ユニットバス

ハーフユニットバス

床から天井までが一体になったユニットバスに比べて、ハーフユニットバスは壁・天井が一体になっていないため、壁や天井の素材にこだわることも出来るユニットバスです。これまで決まったサイズの用意しかないユニットバスでは設置することができなかった小さめの浴室や、天井が屋根に合わせて斜めになっている浴室でもリフォームすることができるのが特徴ですが、一方、壁・天井以外は決まったサイズから選ぶことになるため、広すぎる浴室では床に隙間が出来てしまうため浴室サイズを変える工事が追加で必要になる可能性があるため、選ぶ際は注意が必要です。
また、ユニットバスと違い壁と天井をリフォーム工事時につなぎ目が発生してしまうため、防水性を高めるための工事が必要不可欠です。

デザインや素材にこだわりたいなら在来工法!!

大理石のお風呂
一方、デザインに重きを置きたい方が選ぶべき浴室リフォームは、「在来工法」です。
檜のお風呂、床材に大理石を使った浴室、天然石を使ってリゾートのような浴室など、ご自身の理想をかなえることが可能です。

在来工法

在来工法とはは基本的に床や壁にタイルを張った昔ながらの浴室を作る方法のことです。防水のためにコンクリートで床や壁を作っていることが特徴です。
こう聞いてしまうと、昔の古い浴室を思い浮かべてしまい魅力に欠ける気がしてしまいますが、従来の浴室を現場で直接施工することになるため、浴室の大きさや形に制限はありませんし、決まったデザインがある訳ではないのでご自身の理想にあわせて自由にデザインすることが可能です。

新しい浴室で入浴をもっと楽しく!!

お掃除の不便さから浴室に不便を感じていた方も、現在のお風呂のデザインに物足りなさを感じている方も、是非浴室リフォームを考えてみませんか?
当社では定期的にモデルハウスの完成見学会を行っております。
ご家族皆さまで奮ってご参加くださいませ。

浴室リフォーム