【アイテム別】家具・インテリアの選び方について

アイテム別の家具・インテリアの選び方について知りたいです


前回の記事で家具やインテリアを購入する前に調べておきたいことや部屋を広く見せるテクニックについてご紹介しました。
家具やインテリアは選ぶものによって部屋の雰囲気を大きく変えることができます。
今回はソファーやダイニングテーブルなどアイテム別の家具・インテリアの選び方についてご紹介します。

ダイニングテーブルの選び方


毎日座るダイニングテーブルは家族がくつろげる場所でもあります。
食事を取るスペースや、テーブル周りのスペースに余裕がないと、座った時や歩く時に窮屈になります。
テーブルの大きさは家族の人数や部屋の広さに合わせて選ぶと良いでしょう。
テーブルに向かい合って座る場合には幅が75㎝、奥行きが80㎝程度の長さが必要と言われています。
横に2人並ぶ場合には最低でも120㎝のスペースがあると良いでしょう。

また、ダイニングテーブルは形によって与える印象や機能性が変わります。
正方形や長方形など、角のあるテーブルは部屋の壁際や、部屋の角に置くことができるので無駄なくスペースを利用することができます。
丸型のダイニングテーブルの場合は角にぶつかることがないので安全性が高く、優しい印象を与えます。
また、テーブルは耐久性も重要な要素です。
テーブルを購入する際には色やデザインだけでなく素材やお手入れのしやすさを考慮しながら選ぶようにすると良いでしょう。

ソファーの選び方


ソファーがリビングにあることでゆっくりと寛ぐことができます。
横になったり、並んで座ったり、家族みんなで座ったりと、使い方によって合うソファーの形は様々です。
ソファーを選ぶ際にはどのように使いたいのか、ソファーを置くスペースをどれくらい確保できるのかを考えながら選びましょう。
ソファーは実際に座ってみて、長く座っていても疲れないか、スムーズに立ち上がれるかどうかといった座り心地を確認します。
シートや背もたれに身体が沈み込みすぎずに適度な固さがあるものを選ぶと長時間座っていても疲れることがありません。
また、ソファーの幅は140㎝以上あれば二人並んでゆっくりと座ることができます。
横になって使用することを想定している場合には横幅の他にひじ掛けが高すぎないかどうかもチェックしておく必要があります。

テレビボードの選び方


テレビボードはテレビを置くだけでなく、DVDや雑誌などの収納場所としても活躍します。
テレビボードを購入する際にはボードのサイズの他に、収納力も意識して選ぶと良いでしょう。
テレビボードのサイズは設置予定のテレビのサイズを考慮して選びます。
設置予定のテレビの幅に対して+20~30㎝のボードを選ぶようにすると、見た目のバランスもよく安定感が出ます。
また、DVDやプレイヤー、スピーカーなど収納したいものが決まっている場合には、それらを収納できるスペースのあるテレビボードを選びましょう。

ベッドの選び方


ベッドはサイズと寝心地が重要です。
質の高い睡眠が得られるように自分の身体にフィットするものを選ぶようにしましょう。
一人が寝返りを打つのには90㎝以上のスペースが必要と言われています。
寝室に余裕があるようであればできるだけ大きめのサイズを選ぶと良いでしょう。
また、睡眠の質はマットレスで大きく変わります。
それぞれの体格や体重によって体に会うマットレスは異なります。
自分に会うマットレスを選ぶには実際に店頭で触ってみたり、横になって確かめてみましょう。
表面を手で抑えた時に抑えた部分だけ沈み込んだり、触った時にコイルの感触のあるものは避けた方が良いです。
次に横になった時に背骨の曲がり方が、立っているときよりややゆるやかなカーブに姿勢を保てるものが、自分に合った固さのマットレスです。
柔らかすぎるマットレスは沈み込みが深くなり、背骨が曲がって寝苦しく感じたり腰を痛めたりすることがあります。
逆に固すぎるマットレスは背中や腰に圧力がかかるので、寝返りが多くなったりする場合があります。

照明の選び方


照明には様々な種類があります。
部屋の用途や生活シーンに応じて最適な照明器具を選ぶことが大切です。
照明器具はデザインの他に明かりの色や電球の種類でも部屋の雰囲気は大きく変わります。
活動的な空間では全体照明のシーリングライトに部分照明のダウンライトを組み合わせることで部屋全体を明るくすることができます。
逆にくつろぎの空間ではダウンライトやフロアライトなどの部分照明を使用することで落ち着いた雰囲気を出すことができます。
また、テーブルのある空間ではテーブルの大きさに合わせて照明を選びます。
器具の大きさはテーブルの1/3になるように、取り付け位置はテーブル面から60~80㎝の高さになるように取り付けると良いでしょう。

家具やインテリアにこだわって心地よい空間を創っていきましょう

今回はアイテム別の家具・インテリアの選び方についてご紹介しました。
家具やインテリアにこだわることで部屋の雰囲気は大きく変わります。
趣味やライフスタイルに合った家具やインテリアに囲まれて毎日を過ごすことで気分が上がり、モチベーションの維持にも繋がります。
家具やインテリアにこだわって毎日の生活をより心地よいものにしていけたら良いですね。