壁紙は劣化する!?壁紙の劣化を放置してはいけない理由は!?壁紙の上手なお手入れ方法はある?

壁紙リフォーム
お部屋のリフォームをお考えの方、お部屋の壁紙の張替えは必要ないでしょうか?
特にタバコを吸わない、ペットを飼っていない、子供のいたずら書きもなければ張替えの必要ないとお考えでしょうか?

実は壁紙は汚れや日焼けを気を付けていても、毎日綺麗にお手入れをしていても必ず劣化してしまいます。
その主な原因は汚れではなく「収縮」と考えられています。

一般的な壁紙には時間とともに縮んでしまう素材が含まれています。そのためどんなにお手入れをしていても、物が置いてあってあまり空気に触れない場所であっても時間とともに収縮し、劣化してしまうものなのです。

壁紙の耐用年数は5年~10年!

壁紙の耐用年数は5年~10年といわれていますが、それを超えていたとしても住んでいる方が壁紙の劣化が気にならないのであれば特に問題はありません。
しかし、あまりに劣化したまま何年も放置してしまうと、いざ張替えの際に問題が起こる可能性があります。

劣化した壁紙を放置するとどうなる?

剥がれた壁紙
壁紙の劣化は表面だけではなく、壁紙の下地も劣化することを忘れてはいけません。
壁紙を張替える際、下地の劣化によって下地の表面が一緒に剥がれてしまうと壁紙の張替えだけでなく下地の修復・交換の費用までかかってしまう可能性があり、当初予定していた費用を大幅に上回る結果になることも。
壁紙くらいいつでも変えられるからと放置していると結果的に大出費になりかねませんのでご注意ください!

壁紙の劣化を防ぐ方法はないの?

もちろん、普段からきちんと手入れをしていれば壁紙を長持ちさせることが出来ます。

壁紙のお掃除の基本は次の通りです。

※ここで気を付けなければならないのが、壁紙表面に洗剤の成分を残さないこと!
残った洗剤は壁紙や壁紙の接着剤などに反応し変色させてしまう可能性があるからです!

壁紙の掃除

掃除道具
壁紙にホコリが付いたまま放置することは劣化を早める原因になりますが、キッチンなど油汚れが付きやすい部屋の壁紙はホコリと油が一緒に付着してしまうのでお掃除も大変です。
汚れたらすぐに固く絞った布でふき取ることが基本ですが、長年放置してしまった油汚れを落とすのは一苦労。
中性洗剤を使っても落ちない場合は、重曹水(水100mlに重曹小さじ1杯を混ぜたもの)がおすすめです。
まずはモップなどで落とせるホコリを落とし固く絞った雑巾で表面をきれいにしたあと、重曹水を汚れの部分に振りかけます。そして水拭きで重曹水を拭き取ったあと、乾拭きで壁紙の水分をふき取ります。

それでも汚れが落ちにくい場合は、中性洗剤を少量まぜたものを使てみてください。

こまめに空気の入れ替えをする!

空気の入れ替え
空気の循環が悪いことも壁紙の劣化を早める原因になります。
そのため窓を開けて空気の入れ替えをすることも大切です。

特に壁が発生しやすい場所(脱衣所・キッチン・トイレなど)、また、結露が発生しやすい窓辺は特に注意が必要です。

軽微なものは自分で修理する

リフォームするほどでない軽微な壁紙の破損は自分で修理することができます。
ホームセンターに壁紙修復のための道具も売っていますし、これ以上壁紙の劣化を広げないためにこまめな修復作業も大切です。

壁紙の劣化が少しでも気になったらご相談ください!

とはいえ、どんなに手入れをしていても壁紙は必ず劣化してしまうものです。少しでも劣化が気になったらまずは一度ご相談くださいませ。

当社では定期的にモデルハウスの完成見学会を行っております。
ご家族皆さまで奮ってご参加くださいませ。

壁紙リフォーム