玄関のドアをリフォームしたい!玄関ドアの種類や特徴って?

玄関ドアのリフォームについて考えたことはないでしょうか


家の玄関は家族が毎日出入りする場所です。
また、玄関は家族だけでなくお客様が来た時に一番最初に目に入る場所です。
まさに家の顔ともいえる箇所なのではないでしょうか。
そんな玄関のドアが汚れていたり傷んでいると家の印象が悪くなってしまいます。
そこで今回は玄関のドアの種類にはどのようなものがあるのかご案内致します。

玄関ドアにはどのような種類があるの?

玄関のドアのタイプは大きく分けて「開き戸」と「引き戸」に分類することができます。
開き戸は開いてドアを開けるタイプのドアで、引き戸は横にスライドさせて戸を開けるタイプのドアです。

開き戸タイプのドアについて

開きロは断熱性に優れており、狭い玄関に適しています。

片開きドア


1枚のドアが左右どちらかに開く作りになっているドアで、一般的に多く見られる種類のドアです。
採光のためのスリット、小窓のあるデザインのものも存在します。

親子ドア


大きさの異なる扉が向かい合っている作りのドアのことを言います。
親にあたる片開きの戸と子にあたる場合に応じて扉の開閉ができる扉の2枚の構造によって成り立っています。
このタイプの扉の場合、両方の扉が開くので引っ越しの際など大きな荷物を運びだす時に出し入れがしやすくなります。

袖付き開き戸

片開きドアに袖が組み合わせているタイプのドアです。
袖の部分が窓になっているデザインのものが多く、多くの光を取り入れることができるので玄関が明るく開放的になります。

引き戸の種類について

引き戸はドアを横にスライドさせて開閉するタイプのドアです。
開け閉めが楽なので高齢者の方でも開けやすいドアになっています。

引き違い扉


一般的に良く見られるタイプの引き戸です。
引き戸が2枚あるタイプで、2枚の引き戸を左右にスライドさせて開閉します。
開いたとをもう1枚の戸に寄せるので、開閉スペースは扉1枚分になります。

片引き扉


片引き扉は1枚の扉を左右に滑らせて開閉するタイプの扉ですっきりとした印象を与えます。
扉を1枚しか使用しないので2枚扉を使用する引き違い戸に比べると費用が安く済みます。

玄関のドアを選ぶ時のポイントって?

ドアの種類やデザインを決める

玄関のドアを選ぶ際には開き戸や引き戸といったドアの種類を選ぶだけでなく、色や形などのデザインを選択することが必要です。
また、ドアの種類自体を現在のドアから変更する場合は変更な可能な間取りかどうか確認しておく必要があります。
デザインに関しては、玄関のイメージが家全体のイメージに影響を与えますので、家自体のデザインとのバランスを考えたデザインのものを選ぶ必要があります。

防犯対策をしっかりと行う

ドアをリフォームする際に気を付けたいのが防犯対策です。
最近のドアは防犯性の高いものが多くなっており、1ドア・2ロックが基本となっています。
2ロックにすることで開錠穴が上下二つに分けられるため、万が一どちらかがピッキングされた場合でも両方を開けるのは難しくなりますので防犯性が高まります。
また、ドアの鍵の種類をディンプルキーに変更することもおすすめです。
ディンプルキーは開錠が非常に難しい鍵なのでピッキング対策に有効な鍵です。

断熱性の向上

玄関のドアを選ぶ際には断熱性も考える必要があります。
断熱性の低い玄関ドアは外の冷気がそのまま中に入ってきたり、逆に家の中の温かさが玄関ドアから逃げていってしまいます。
玄関ドアにガラスが使用されているドアの場合は、ガラス部分に断熱タイプのガラスを合わせるなど断熱性を考慮して選ぶようにしましょう。

ドアについての理解を深めて玄関ドアをリフォームしてみませんか

玄関は「家の顔」ともいえる重要な場所です。
家全体の雰囲気に合ったデザインのドアを選んだり、断熱性や防犯性といった機能面も重要なポイントです。
自分の住んでいる家にはどのようなドアが適しているのか信頼できる業者に相談してみてはいかがでしょうか。