断熱リフォームで1年中暖かい家に!ウレタン製の断熱材の特徴とは?

断熱リフォームで1年中快適な住まいにしたい!


夏に冷房をつけているのに部屋の温度が下がらなくて部屋が暑い、冬は外から冷気が入ってきて寒いといったことはないでしょうか。
住まいの断熱性が低いと、外気温の影響を受けやすくなり、夏は暑くて冬は寒いといったことが起こります。
そんな時に住まいの断熱リフォームを行うことで、1年中快適に過ごすことができるようになります。
今回は断熱リフォームを行うメリットとウレタン製の断熱材の特徴についてご紹介します。

断熱リフォームを行うメリット

省エネになり、電気代を抑えることができる


断熱リフォームを行うことで、夏は涼しく冬は暖かい住まいにすることができます。
住まいの断熱性が高まると、部屋の気密性も高まりますので、冷房や暖房の効きがよくなり、電気代の節約に繋がります。
特に夏場はエアコンの効きが悪いと温度設定をどんどん下げてしまうので、結果的に電気代が高くなってしまいます。
断熱リフォームを行うことで、エアコンやヒーターに頼らなくてもお部屋で快適に過ごすことができます。

結露を抑えてカビの繁殖を抑えることができる


結露は室内と室外との温度差が大きくなることで発生しやすくなります。
断熱性が高まることで、部屋の温度が一定の温度を保つことができるので結露の発生を抑えることにつながります。
結露の発生が抑えられることでカビが発生しずらくなるので、アレルゲンの発生を抑えて健康被害を少なくすることができます。

熱中症やヒートショックの予防になる


ヒートショックとは暖かい室内から寒い廊下やトイレに移動したり、寒い脱衣所で着替えた後に温かい湯船につかったりするなど、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで起きる健康被害のことを言います。
高齢の家族の方がいる場合、急な温度の変化に身体が対応できなくなり、熱中症やヒートショックを起こしてしまうことがあります。
断熱リフォームを行うことで、ある程度住まい全体の温度を一定に保つことができるので、そのような健康被害を防ぐことができます。

断熱材に使われる「ウレタン」について

ウレタンは住宅や建築で断熱材として使用する場合、ウレタン樹脂に発泡剤を混ぜた「発砲ウレタン」として使われることが多いです。
発砲ウレタンには軟質のものと硬質のものの2種類があります。
軟質のものは発泡スチロールとして使用され、硬質のものは住宅の断熱材や防音材として使われます。
ウレタンは断熱効果に優れており、暑い夏や寒い冬でも1年中快適に過ごすことができます。

発砲ウレタンの特徴について

耐水性が高い

発砲ウレタンの特徴の1つに耐水性の高さがあります。
古い住宅では雨漏りや湿気で断熱材が濡れてしまうことも考えられます。
発砲ウレタンの場合は耐水性が高いので、例え塗れてしまったとしても効果が下がるようなことはありません。

形が崩れにくい

発砲ウレタンを断熱材として使用する場合、ウレタンを吹き付けるような形で設置するので隙間が空いてしまったり落ちてきたりする心配がありません。
形が崩れにくいため、高い断熱効果を発揮します。

防音性が高い

発砲ウレタンは気密性が高いので断熱効果が高いだけでなく、防音性にも優れています。
発砲ウレタンが音を吸収してくれるので防音効果が期待できるのです。
防音効果については発砲ウレタン単体では効果が少ないので、防音シートと併用することで高い防音効果が期待できます。

断熱リフォームを行って快適な住まいづくりをしてみませんか?

今回は断熱リフォームのメリットと断熱材に使用されることの多い「ウレタン」についてご紹介しました。
断熱リフォームを行うことで、1年中快適に過ごすことができる他、電気代を節約できたり、健康被害を最小限に抑えたりと様々なメリットがあります。
断熱リフォームを検討されている方は一度信頼できるリフォーム業者に相談してみるのはいかがでしょうか。