寒い冬には床暖房のリフォームがおすすめの理由は?何を選べばいいの?

部屋全体を暖かくしたいなら床暖房がおすすめ!

フローリング
冬の寒い時期、部屋を暖める方法としてエアコンや石油ストーブ、オイルヒーター、こたつなどたくさんの種類がありますが、足元から部屋全体を暖めたいなら床暖房が断然おすすめです!

床暖房は室温以上に暖かく感じる!?

冬の靴下
冬に足元に冷えを感じる方は男女問わずたくさんいらっしゃいます。
冬になると靴下を何枚はいても足元が氷のように冷たくなり、眠れない、体調をくずすなど、日常生活に支障が出てしまう方も少なくないのではないでしょうか。

床暖房はそんな足元からじんわりと暖めてくれるため、エアコンなど高い位置から温風を出す暖房器具よりも暖かさを感じやすいと考えられます。
実際に、エアコンの煖房と足元ようの小さいヒーターを併用している家庭は多いのではないでしょうか?しかし足元ヒーターはそこにいないと暖かさを感じることはできません。

一方床暖房は設置された部屋の床全体が暖かいため、家族で足元ヒーターを奪い合うようなこともないでしょう。

床暖房は乾燥しにくい?

エアコン暖房をお使いの方、冬は部屋の乾燥が気になりませんか?
ダイキン工業のホームページに下記の記述がありました。

エアコン暖房で「乾燥」するのは、室内の空気に含まれる水分が減ってしまうからではありません。
室内の温度が上がると、湿度(相対湿度)が下ってしまうために生じます。
空気が含むことのできる水分の量(飽和水蒸気量)は、空気の温度によって異なり、温度が高いほど多くの水分を含むことができます。
加湿機能のないエアコン暖房は、空気を直接暖めることで部屋全体の温度を上げるので、水蒸気は発生しません。つまり空気中の水分は増えずに、温度だけが上昇するため、湿度(相対湿度)が低下して乾燥を引き起こしてしまうのです。
また、エアコンの温風が直接、体に当たると、肌や唇、髪などが乾燥する原因となってしまうこともあるでしょう。
引用:https://www.daikin.co.jp/air/life/laboratory/dry/

エアコンから出る温風が乾燥の直接の原因ではなく、部屋の室温が上がることが乾燥の原因ということになります。

ちなみに床暖房は部屋の温度を上げるものではないので、体感はとても暖かいですが、室温はそこまで上がりません。
つまり床暖房は乾燥しにくい暖房器具と言えます。

床暖房には大まかに2種類あります

床暖房はその用途の場所や、月々の電気代によって選ぶとよいでしょう。

電気式床暖房

電気床暖房は、床下に電熱線を組み込んだパネルを設置することで床を暖める方法を用います。
電熱線で温めるため暖かくなるまで少し時間がかかることと、長時間を肌を密着させているとその部分が高温になりやすいというデメリットがあります。
そのため、リビングのような長時間過ごす場所ではなく、脱衣所やトイレのような短時間過ごす部屋に設置するとよいでしょう。
また、下記で紹介する温水式床暖房に比べてリフォームコストが安いのはメリットといえるのですが、月々の電気代は下記で紹介する温水床暖房と比べると高い傾向にあります。

温水式床暖房

温水式暖房は、床下に通したパイプにガスや電気などで温めた温水を流し床を暖める方法を用います。
リフォームコストは電気式床暖房に比べて少しお高めですが、その分月々の電気代は電気式床暖房よりも安いのが特徴です。
また、電気式床暖房では温まるまで時間がかかりますが、暖められた温水がすぐに流れる仕組みですので、スピーディーに床を暖めることができます。
また、温度も40度までしか上がらないため、密着させた部分が高温になるなどのリスクはなく、安全にお使いいただけます。

床暖房で快適な冬を過ごそう!

こたつに入って家族みんなでぬくぬくするのも日本の冬の醍醐味ですが、部屋のどこにいても暖かい、過ごしやすいというもまた家族団らんを楽しいものにするはずです。

当社では定期的にモデルハウスの完成見学会を行っております。
ご家族皆さまで奮ってご参加くださいませ。

フローリング