家の日当たりの悪さを改善するリフォームの方法とは?

家の日当たりにお困りではありませんか?


家の日当たりが良くないので改善したいというお悩みはないでしょうか。
太陽光が入らない部屋で生活をしていると、心身ともに良くない影響を受けてしまいます。
そんな時にはリフォームを行うことで部屋の日当たりの悪さを改善することができるかもしれません。
そこで今回は日当たりが悪くなることで起きる問題点や、日当たりの悪さを改善できるリフォーム方法についてご案内致します。

日当たりが悪い部屋で過ごすことで起こるデメリット

カビが生えやすくなる

部屋に太陽の光が当たらないと湿気が溜まるので、カビが生えやすい環境になってしまいます。
カビが生えることで空気中にカビの胞子が舞い、喘息などのアレルギーの症状が出てしまうこともあります。
そのため、日当たりが良くない部屋では注意してカビ対策を行う必要があります。

光熱費がかかる

部屋が北向きで日が入りにくい部屋の場合は、部屋自体が冷えやすく光熱費が想像以上にかかります。
日が当たらずに冷えやすい部屋は冬場以外でも暖房を付けないと寒いという環境になるので、思った以上に光熱費がかかってしまっていたということが起こります。

生活リズムが崩れやすくなる

人間には1日の生活リズムを整えるための体内時計が働いています。
この体内時計が体調を整える働きをしていて、毎朝太陽の光を浴びることでリセットされるようになっています。
日当たりの悪い部屋で生活し続けると、毎朝充分な日光を浴びることができず体内時計が狂ってしまい、生活リズムも崩れてしまうということがあります。

うつ状態になりやすくなる

日当たりの悪い環境で生活リズムが崩れてくると知らないうちにストレスが溜まり、うつのような症状が現れやすくなります。
冬場は日光に当たる時間が少なくなるので、体調を崩してしまったりうつ状態になる人が増えると言われています。
そのため、日当たりの悪い部屋で生活を続けると心身ともに不健康な状態になってしまう危険性があります。

家の日当たりをよくするリフォームについて

部屋の日当たりが悪いことで起きるデメリットについてご紹介しました。
それでは家の日当たりをよくするリフォームにはどのようなものがあるのでしょうか。

窓を増設するリフォーム

建物の日当たりは良いのに室内の採光が悪いという場合におすすめなのが窓を増設するリフォームです。
太陽の向きに合わせて開口部を増やすことによって室内に入ってくる光の量を増やすことができるので日当たりの悪さを改善することができます。

天窓を設置するリフォーム

窓を増やすことによって室内に入る日光の量を増やすことができますが、家の向きや近隣の建物によっては窓まで光が届かない場合があります。
こういった場合には通常の窓より高い位置に天窓を設置することができれば日当たりの悪さを改善できる場合があります。
家の向きが原因で日光を取り込めないという場合でも日の当たる方向に向けて天窓を設置することで、室内に日光を取り込むことができます。

高窓を設置するリフォーム

高窓とは天井の近くなど壁の高い位置に取り付けるタイプの窓のことを指します。
天窓と同様に建物の高い位置から日光を取り入れることができますが、高窓は一般的に横長の形状のものが多いため、より広い範囲に均等な光を取り入れることができます。
窓が高い位置に設置されているので、外からの視線を気にすることなく光を取り入れることができるので、プライバシーに配慮することも可能です。

吹き抜けを設置するリフォーム

1階のリビングの日当たりが悪いというケースでは吹き抜けを作るのも効果的です。
建物の1階にあたる部分の日当たりが悪い場合でも吹き抜けを作ることによって2階や天窓などの建物上部から光を取り入れることができます。
ただ、吹き抜けを作るリフォームを行う場合には上階の間取りを変更する必要があったり、建物の構造の大がかりな変更が必要になります。
吹き抜けのリフォームを検討する場合には事前に専門家に相談すると良いでしょう。

内装を白で統一するリフォーム

太陽の向きや窓の位置などの関係で部屋の奥まで光が届かないという場合には内装のリフォームがおすすめです。
光を反射しやすい壁材や床材を使用することで光が拡散するので部屋の奥まで光を届けることができます。

リフォームで日当たりの良い部屋を実現させましょう。


今回は部屋の日当たりが悪いことでどのようなデメリットがあるのかとリフォームの方法についてご紹介しました。
お部屋の日当たりが悪い原因は窓の位置や大きさ、周りの建物の影響など様々なことが考えられます。
快適な暮らしを手に入れるには、日の光が充分に当たるような環境作りをすることが必要です。
リフォームを検討する際には部屋の採光に詳しい業者に相談してみてはいかがでしょうか。