室内ドアの開き戸と引き戸の違いとは?扉をリフォームするメリットについて

開き戸と引き戸の違いとは?


室内のドアをリフォームしたいと考えた時にドアを開き戸にするか引き戸にするか、迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
開き戸と引き戸を室内に設置する際には、それぞれ設置に適した場所や使い方があります。
また使い方によって、「部屋が狭く感じる」「風通しが悪い」といった問題を解決することができます。
今回は開き戸と引き戸の違いについての説明と、設置に適した場所についてご案内致します。

開き戸ってどんなドアなの?


開き戸とは蝶番や軸受け金物で止められた部分を軸に、扉が弧を描いて前後に開閉するドアのことをいいます。
扉が1枚の片開き戸と、扉が2枚の両開き戸があります。
また、戸の開く方向によって室内側に開く内開きと、室外側に開く外開きがありますが、日本の住宅では外開きのものが一般的です。

開き戸にリフォームするメリットとは?


開き戸は引き戸に比べて遮断性や気密性が高いのが特徴です。
その為、プライベートの空間や音漏れが気になる場合に使われることが多いです。
ノブやレバーハンドルの種類が豊富なので、オシャレなレバーハンドルに変更することができます。
開き戸は気密性が高いので暑さや寒さ対策にもなります。
冬の寒い時期であれば寒い玄関と、暖房の効いている部屋を仕切るドアが開き戸か引き戸かによって大きな違いが出てきます。
また、開き戸にはペットドアが付けられるというメリットがあります。

開き戸のデメリットとは?

開き戸のデメリットとしては、戸を開けた時に開けた扉が邪魔になりやすいという点があります。
また、開き戸が開く方向にはものを置くことができません。
風に煽られた時にはいきなりバタンと大きな音を立てて戸が閉まることがあります。

引き戸ってどんなドアなの?


引き戸とは、溝やレール上を滑らせて横に開閉する戸のことを言います。
最近では溝やレール設置する必要のない上吊り式の引き戸もあります。

引き戸にリフォームするメリットとは?


開き戸の場合は開けたら閉めるのが基本ですが、引き戸の場合はただ空間を仕切るだけでなく、戸を開けっ放しにしておくといった使い方ができます。
半分だけ開けた状態にしておいたり、個室として使いたい時には完全に戸を閉めるなど柔軟な使い方ができます。
また、引き戸には開けた扉が邪魔にならないというメリットがあります。
引き戸にすることでドアの近くであっても気にすることなく家具を置くことができます。

引き戸のデメリットとは?

引き戸を設置するには戸を引き込むためのスペースが必要になってきますので、設置する場所が限られるというデメリットがあります。
壁の中に戸を収納するスペースを作る必要がありますので、その箇所にはコンセントを設置することができません。
遮音性や気密性は開き戸と比べると低くなります。

引き戸に向いている部屋と開き戸に向いている部屋について


基本的に部屋による向き不向きはありませんが、以下のような場合は引き戸にすると良いでしょう。
ドアとドアが近い所はどちらも開き戸だとドア同士がぶつかってしまうのでどちらかは引き戸にした方が良いでしょう。
家族の出入りが多い部屋は、人の出入りがある度にバタンという音が気になることがあります。
戸をあけっぱなしにすることも多いと考えられますので引き戸の方が良いでしょう。
高齢者の使う部屋も引き戸が向いています。
引き戸は戸が手すりの役割を果たしますので、身体のバランスを取るのが難しくなる高齢者の方でも開けやすい戸です。

メリットとデメリットを踏まえながら開き戸と引き戸をリフォームしてみませんか?

部屋の戸については、毎日開け閉めするものなので、リフォームする際にはこだわりたい箇所の1つなのではないでしょうか。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、より暮しやすいのはどちらかという視点で引き戸にするか開き戸にするかを考えてみると良いかもしれません。