リフォーム業者選びでよくある失敗事例とは?

リフォーム業者選びで失敗!?どのような事例があるのでしょうか


前回の記事では信頼できるリフォーム業者の選び方についてご紹介しました。
リフォームが成功するかどうかは、選んだリフォーム会社によって決まると言ってよいでしょう。
しかし、しっかりと見極めた上でリフォーム業者を選んだつもりでも、結果的にリフォームが上手くいかなかったという事例もあります。
そこで今回はリフォーム業者選びの失敗事例についてご紹介します。

知名度があり、有名な会社だからという理由で選んで失敗

名前を聞いたことのある有名な会社だと安心感があり、任せてしまっても大丈夫だと考えてしまいがちです。
しかし、大手の施工会社であっても自社で施工を行う会社と、施工を下請けの業者に委託している会社があります。
設計・施工・工程管理をすべて下請けの業者に任せているケースの場合、中間マージンが発生するので費用が高くなってしまう傾向があります。
また、複数の業者が関係する場合には希望や情報が上手く伝わらす、施工の際にミスが出やすいといった問題が発生することも考えられます。
有名だから、大手だからという理由だけで選んでしまうと思っていたようなリフォームができなかったということがあります。

口コミやご近所さんの評判を参考に選んで失敗


口コミをインターネットでチェックしたり、リフォーム行った近所の評判が良いリフォーム業者を選んだのにリフォームが上手くいかなかったという場合もあります。
口コミや近所の評判が高いリフォーム業者であっても、満足できるリフォームになるとは限りません。
費用やデザイン、担当者との相性など重視する点は人それぞれです。
たとえ費用がかかっても細部までこだわったリフォームを行いたいという場合と、デザインは一般的なもので良いので限られた予算の中でリフォームを行いたいという場合では評価がまったく異なってくるでしょう。
他の人の評判が良いからといって、自分たちに合っているとは限らないのです。

訪問営業を行っている業者と契約をして失敗


自宅にいるとリフォームを勧める電話が掛かってきたり、訪問セールスが訪れることがあります。
今ならキャンペーン中で安くなります、今日契約して頂けたら大幅に値引きしますという言葉につられてその場で契約するのは避けましょう。
中でも多いのが今すぐ修理しないと雨漏りすると言われて高額な費用を請求された、契約してまもなく音信不通になったというケースです。
このような事態を避けるためにはその場で契約するのではなく、他のリフォーム業者にも相談することをおすすめします。
親切な業者であれば不必要なリフォームを勧めてくることはありません。

1社としか打ち合わせをせずに決めて失敗


打ち合わせが面倒という理由で、取り敢えず最初に会った会社と契約した結果、後になってもっと吟味して比較すべきだったと後悔することもあります。
他のリフォーム業者と比較してみることで費用が思っていたよりも安くなったり、より自分たちの希望に合ったリフォームができたということもあります。
そのため、多少面倒に感じてもなるべく複数の業者と会って打ち合わせをすることをお勧めします。
ただしあまりに多くの業者に申し込みをしすぎても打ち合わせや現地調査に時間がとられてしまいます。
打ち合わせをする業者は多くても3社から5社程度に抑えるようにしましょう。

リフォーム業者選びの失敗事例を確認してリフォームを成功させましょう

リフォームを成功させるためには業者選びはとても大切です。
業者の選び方だけでなく、失敗事例も知ることで、トラブルを回避することに繋がります。
リフォーム会社の規模や施工技術力を見ることも大事ですが、それ以上に希望にあったリフォームを行ってくれるかどうか、リフォームの施工内容や規模に合った会社を選ぶことが重要です。
リフォーム業者の選び方や失敗事例を知り、希望にあったリフォーム会社を選んでリフォームを成功させましょう。

この記事のキーワード