木の温もりが優しい!フローリングを無垢材にするメリット

木の温もりが感じられる無垢材の魅力


皆さんは無垢材と聞くとどのようなイメージを持っていますか?
無垢材を住居に取り入れることで、木の温もりが感じられると近年人気が高まってきています。
また、フローリングを無垢材にすることで、素足で直接木の温もりを体感することができます。
今回は無垢材のフローリングの特徴や、フローリングを無垢材のものへ変えるメリットについてご紹介します。

無垢材とはどのような木材なのでしょうか


無垢材という言葉は聞いたことがあっても、どのような木材のことを指すのかまでは分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
木材における無垢材とは何も加工がされていないそのままの状態の木のことを指します。
丸太から切り出され、住宅建材に使用するために四角や板状に木材を加工したものが「無垢材」と呼ばれています。

フローリングに使われることの多い「集成材」について

フローリングに使われる木材として無垢材の他に使用されることが多いのが集成材と呼ばれる木材です。
集成材とは薄くした木版を接着剤で貼り合わせてブロック状にした木材をことを言います。
つまり、集成材は人工的に作られた木材であり、対するのが自然な状態のまま切り出された「無垢材」となります。
集成材は木版を貼り合わせて作られるので、品質が安定しているという特徴があります。
無垢材の場合は切り出した木の素材そのままの木材なので、品質にばらつきが生じることもありますが、それぞれの木材の表情が豊かなことが特徴になっています。

無垢材のメリットとデメリットについて


無垢材は人気が高く、特にフローリングに採用されることが多くなってきています。
自然のままの木材として使用されるのでメリットとデメリットが存在します。
フローリングに無垢材を使用するメリットとデメリットについてご紹介します。

フローリングを無垢材にするメリット

無垢材は木の温もりを感じられるということで人気がありますが、無垢材の良い所はそれだけではありません。
木の温もりを感じられるだけでなく、無垢材は室内を快適にする効果も期待できます。
フローリングを無垢材にするメリットについてご紹介します。

木材本来の表情が楽しめる

無垢材をフローリングに使用するメリットとして、木材が持っているそのままの表情を楽しめるということが挙げられます。
無垢材の場合は切り出された木の断面がそのままフローリングとなるため、木材本来の自然な木目を味わうことができます。
丸太からの切り抜き方次第で木目が変わるため、一つとして同じ木目の素材は存在しないということになります。
そのため、フローリングに無垢材を使用することで、他にはないフローリングの質感や素材を味わうことができます。

経年による変化を楽しむことができる

無垢材は歳月を経ることによって色が変化したり、艶が出てくるので経年による変化を楽しむことができます。
真新しい無垢材の時には木の香りや木目を楽しみ、十数年経った時には色や艶を楽しむといったように、時が経って味わい深くなるのが無垢材の魅力です。
十数年経つ頃にはその家オリジナルのフローリングが完成されているのではないでしょうか。

調湿作用が期待できる

無垢材はその質感を楽しむだけでなく、部屋を快適に保つ働きをしてくれます。
無垢材には調湿作用があり、部屋を快適にしてくれるのです。
無垢材の調湿作用とは、部屋の湿度によって無垢材が室内の水分を吸収したり、反対に放出したりする作用のことを表し、室内の湿度を一定に保つ働きのことを言います。
例えば、梅雨の季節に室内がジメジメしているという時には無垢材が部屋の余分な水分を吸収し、部屋の湿度を下げてくれます。
また反対に乾燥する冬の季節には無垢材が水分を放出するので、部屋が乾燥することがありません。
そのため、無垢材をフローリングに採用することで部屋の快適性が上がるのです。

フローリングを無垢材にするデメリット

無垢材には多くのメリットがありますが、自然のままの木材を使用しているのでそれに伴うデメリットも存在します。
フローリングを無垢材にするデメリットについてご紹介します。

無垢材が膨張したり収縮したりする

無垢材には調湿作用があり、水分を吸収したり放出したりするので無垢材自体が膨張したり収縮したりすることがあります。
その結果、フローリングにすき間ができたり反りが生じることがあります。
しかし、この収縮は施工前にきちんとした処理を行っておくことで回避することができます。

傷がつきやすい

無垢材は天然素材を使用しているので加工のしてある集成材と比較すると傷がつきやすくなっています。
柔らかい素材の無垢材の場合は物を落としてしまうとへこんでしまうこともあるので注意する必要があります。
しかし、傷がついてしまった状態であっても修復を行うことは可能です。
例えばフローリングにへこみができてしまった場合には、水を含ませて膨らませたり、表面を削ったりすることである程度の修復を行うことは可能です。
また、全面を薄く削り直すことで新品同様のフローリングに生まれ変わらせることもできます。

水に弱い

無垢材は表面に塗装がしてある状態であったとしても水に弱いというデメリットがあります。
汚れがシミになりやすく、濡れたままにしておくと菌が繁殖したりカビが生えてしまうこともあります。
塗装をして表面を保護したり、濡れた時にはすぐにふき取りよく乾燥させることが必要です。

無垢材をフローリングに使用して、木の温もりを楽しんでみませんか?


自然のままの木材である無垢材には、木の温もりを味わう楽しみがあります。
また、質感にも優れ、調湿作用もありますので、お部屋で快適に過ごすことができます。
リフォームを行う際にはフローリングを無垢材にしてみるのはいかがでしょうか。