【夏の暑さ対策】簡単リフォームで出来る!住まいの暑さ対策とは

夏に部屋の中が暑い時に出来る対策はあるのでしょうか


暑い季節がやってくると夏ならではの住まいのお悩みが出てきます。
部屋の中にいても窓から入ってくる紫外線によって日焼けしてしまったり、夜は暑さで寝苦しいといったことが起こります。
そこで今回は手軽にできる夏のおすすめリフォームについてご紹介します。

夏の部屋が暑くなる原因とは?

室内が暑くなる原因の1つとして空気の通りが悪いということが挙げられます。
2つ目の原因は日中窓から入ってくる直射日光が長時間部屋の中にあたることで熱がこもってしまうということです。
これらの問題を解決するには、窓に日陰を作ることと、窓の風通しをよくすることが必要になってきます。

窓の日差しをカットして、日陰を作る

室外から入り込む熱の多くは窓から入ってきます。
夏でも涼しい住まいにするためには窓を室外から入りこむ熱から守ることが重要です。
強い日差しが室内に入ってこないように注意することだけでなく、窓そのものを日差しから守ることが必要になってきます。
室内を涼しくするポイントは窓周辺の温度を上げないように窓の内側ではなく外側に日よけを作ることです。
室内側で日差しを遮ってもカーテンやブラインド自体が温まってしまうので室温が上昇してしまいます。
そのため室外側で日差しを遮れば、熱が入り込みにくくなるのです。
最近では手軽に取り付けが可能な窓用の日よけが充実しています。
窓に取り付けることのできる日よけについてご紹介します。

夏の暑さ対策リフォーム① シェードをつける

シェードは日よけのスクリーンのようなものです。
シェードを取り付けることで室内に入り込む日差しをシャットアウトすることができます。
シェードには窓枠にフックで固定して取り付けるタイプと、バルコニーの手すりに固定するタイプなど様々なものがあります。
また、シェードは日よけとしてだけでなく、窓の目隠しとしても役に立ちます。

夏の暑さ対策リフォーム② オーニングをつける


オーニングはおしゃれなカフェなどでよく見かける日よけです。
ポリエステル素材で出来た屋根のようになっており、手動で開閉するものや電動で開閉するものもあります。
オーニングは見た目をおしゃれにして、室内を涼しくするだけでなく庭先やベランダにくつろぎの空間を作ることもできます。

夏の暑さ対策リフォーム③ グリーンカーテンをつくる


グリーンカーテンはプランターに支柱を立てネットを張り、そこにつる状の植物を這わせることで日よけとして活用できます。
室内に入る日差しを遮って室内の温度を下げるだけでなく、。植物の間を通り抜ける風が冷やされることで室内を温度を下げてくれます。
グリーンカーテンを作るのに向いている植物としてゴーヤ、アサガオ、ヘチマなどが挙げられます。

窓周辺を風通しのよい環境に整える


真夏でも夜になれば日差しが無くなり、気温も下がるので部屋の風通しを良くするだけでも部屋の中が涼しくなります。
風通しを良くするポイントは風の入り口と出口を確保し、風の通り道を作ってあげることです。
窓や玄関に風通しのできる雨戸やシャッターを取り付けることで、室内に風を取り込むことができます。
雨戸の種類によっては断熱効果があるものや、雨戸を閉めたまま風を光を取り入れられるものもあるので、目的にあったものを選びましょう。

部屋の暑さ対策をしっかりと行って、涼しい部屋作りをしていきませんか

今回は住まいの夏の暑さ対策についてご紹介しました。
窓に日よけを取り付けるなど、ちょっとした工夫で真夏の部屋でも快適に過ごすことができます。
今年の夏はエアコンの温度設定を上げても涼しく快適に過ごせるような住まいにしてみませんか。