【和室から洋室へのリフォーム】畳からフローリングへ、和室のリフォーム方法とは?

和室から洋室へ!和室をリフォームする方法って?


ライフスタイルの変化に伴い、和室を洋室にリフォームしたいと考える方が増えてきています。
和室は日本ならではの木材を中心とした造りとなっており趣があるのですが、その一方で和室ならではの悩みも出てきます。
例えば畳はカビやダニが発生しやすく、アレルギーを引き起こす原因となることがあります。
畳だけでなく、障子・ふすまがある部屋ですと表替えや張り替えといったメンテナンスが大変になってきます。
また、年齢と共に座ることを前提としている和室の造りが生活に合わなくなってきたといったケースもあります。
そこで今回は和室から洋室にリフォームする際にリフォームが必要な箇所や、リフォームの方法についてご説明致します。

和室から洋室へのリフォームを行うメリットとは

和室を洋室にリフォームすることによって、カビやダニの問題を解決することができます。
また、家具を置いた際にも跡が残りにくかったり、畳や障子、襖の張り替え費用が要らなくなるというメリットがあります。

和室から洋室へリフォームを行う箇所について

和室の畳をフローリングに変える


和室から洋室へリフォームを行う場合にまず行うことが多いのは、畳からフローリングに変更するリフォームです。
畳からフローリングに変わるだけで、お部屋が一気に洋室らしくなるので、畳からフローリングへの変更のみされる方もいらっしゃいます。
畳とフローリングでは下地の構造が違うため、最初に補強や段差解消の工事を行います。

押し入れをクローゼットにリフォームする


和室には押入れが備え付けられていることが多いでしょう。
押入れは寝具の収納を目的に作られているので、衣類を収納したいと考えた際に衣類が収納しにくくて困った経験はないでしょうか。
そんな時には押入れをクローゼットにリフォームすることをおすすめします。。
押入れをクローゼットにリフォームすると床や壁のリフォームも必要なのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、押入れの襖はそのままで押入れの内部のみをクローゼット風にすることも可能ですし、襖をカーテンに変えたり、扉に変更することもできます。
部屋の収納に困っているという方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

和室の砂壁から壁紙(クロス)に変更する


和室の壁は砂壁でできていることが多く、壁を触るだけで砂がポロポロと落ちてくるので困っているという方もいらっしゃるかもしれません。
この砂壁を張り替えることによって、砂が落ちてくることが無くなり、汚れにくい部屋にすることができます。
壁紙(クロス)は様々な種類のものがあり、デザイン性が優れているものも存在し、汚れや傷、カビに強いという特性があります。
また、クロスにはグレードがあり、グレードが上がることによって選べる幅が大きく広がります。
「不燃認定」・「吸放湿性」・「汚れ防止/抗菌」・「水廻り/防カビ」・「モダン」・「カジュアル」など、性質やデザインの違うクロスを選ぶことが可能になります。

和室から洋室にリフォームする際に注意しておきたいポイント

和室をから洋室にリフォームする際には、部屋の構造が変わるので注意しておきたいポイントがあります。

他の和室の部屋との調和を考える

和室の中の部屋の一室だけを洋室にリフォームし、その部屋が他の和室とつながっている場合、部屋の雰囲気によっては片方の部屋だけが浮いてしまう可能性があります。
リフォームの際には、調和を考えながらリフォームを行っていく必要があります。
調和を合わせるために、部屋を区切っているふすまや障子を洋室にも和室にも合う引き戸に変えたりすると良いでしょう。

床の高さに注意をする

部屋を和室から洋室にリフォームする際に、襖を開き戸に変更したいという方もいらっしゃるかもしれません。
和室と洋室では床の構造が異なるので、畳の厚さの分だけ床に段差が発生する場合もあります。
襖を開き戸に変更する際には、床に段差ができていないかといった部分にも気を付ける必要があります。
床に段差がある場合、床の高さを調整する工事を行なう必要が出てきます。
段差があった場合には、開き戸のドアを開くことができないこともあります。
また、襖からの変更を検討している場合には、敷居を変えることで設置することができる引き戸に変更するのもおすすめです。

和室から洋室へのリフォームを行い、快適な空間を作り出しましょう

和室から洋室にリフォームする際には、部屋の構造などにおいて、注意しなければならない部分もありますが、いくつかのポイントを押さえておくことで満足度の高いリフォームを行うことができます。
お部屋のリフォームを行う際には是非一度参考にしてみてください。