リノベーションとリフォームとの違いって?リノベーションのメリットとデメリットについても説明!

最近よく聞くリノベーションって?リフォームとの違いは?


リフォームやリノベーションを検討している人にとって、リフォームとリノベーションの違いは必ずと言っていいほど抱く疑問ではないでしょうか。
最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いのではないのでしょうか。
リフォームとの違いやリノベーションのメリット・デメリットについてご説明致します。

模様替えから増改築まで幅広い意味を含んでいるのがリフォームです。


実はリフォームとリノベーションは意味が厳密に線引きされているわけではありません。
リフォームは、設備の交換や内装の張り替え、増改築を含む大規模な工事まで、広範囲の意味合いを持ちます。
現在、リフォームという言葉は古くなった建物を新築同様に修繕を行うという意味合いで使われることが多いようです。
リフォームを英語で表記すると「reform」となり、「悪い状態からの改良」を意味する単語になります。
ですのでリフォームという言葉を使うときは、基本的に老朽化したりしている部分を直したり、新しくしたりすることを指します。
例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

中古住宅に新たな価値を与えるのがリノベーションです。


一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
リノベーションを英語で表記すると「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味する単語になります。
リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すという意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。
よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどを指します。。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、ファミリー向けの3LDKを2人暮らしに合った1LDKに変更する、趣味のための広い土間や、シアタールームを作るなど、住宅の機能性を向上させるような改修がリノベーションに該当します。

リフォームが向いている事例

キッチンや洗面台をもっと使いやすくしたいという場合や、古くなったフローリングを新しいものに交換したいと考えている場合はリフォームがおすすめです。
リノベーションに比べて工事期間が短く済みコストも安いため、予算や工期を抑えて、最低限の機能性を確保することが可能です。
リノベーションでは既存の配管や壁を撤去するなど大規模な補修を行います。
大幅にイメージチェンジをしたくないときにはリフォームが良いでしょう。

リノベーションが向いている事例

水回りの機能を大きく向上させるために配管の移動が必要な場合や、間取りを大幅に変えたいという場合には、リノベーションがおすすめです。
最近では住宅を購入する際に、新築物件を購入するのではなく、中古物件を購入してリノベーションを行う方法が人気を集めています。

リノベーションを行うメリット

自分好みの空間が手に入る

中古物件を購入するリノベーションの良いところは、注文住宅と同じように自分の好みに合わせて、間取りや内装を決めていけるところです。
リノベーションは、間取りの変更を含む大規模な改修が可能なので、3LDKから大きなワンルームへの変更や、壁付けキッチンをアイランドキッチンへ変更したりなど、ライフスタイルに合わせた間取り設計が可能です。

住みたい場所に低コストで住める

新築では駅近や住みたい街に家を持つことは難しい場合でも、中古物件をリノベーションすることによって新築よりも費用を抑えることが可能ですので、立地を重視した物件選びが可能になります。
すでに開発されている駅の周りでは、駅近に新築物件が建てられる可能性はかなり低いですが、中古物件なら物件数も多いので、憧れのエリアに住みたいという方にはおすすめです。

新築物件を購入するより費用が割安で済む

費用的にも無理なく実現できるのがリノベーションの良いところです。
同じ条件で新築物件を購入する場合の費用と、中古物件を購入してリノベーションする場合の費用を比較すると、中古物件を購入してリノベーションする費用の方が、20%~30%程安く済むことが多くあります。
リノベーション費用を加えても、新築を買うより割安になることが多いので、中古物件の価格にもよりますが、新築よりも安い費用で理想の住空間を手に入れることができます。
また、新築の戸建やマンションの価格は、新築後15年間で大きく下落し、その後は景気に応じて緩やかに上下する傾向にあります。
ですので築20年以上の戸建やマンションを購入することで、購入後に市場価格が大きく下降するリスクを避けることができます。

リノベーションを行うデメリットとは?

リノベーション後をイメージしにくい

中古物件を購入してリノベーションを行う場合、新築物件を買うのと違い、出来上がりが想像しづらいというデメリットがあります。
リノベーション会社に具体的にどのようなリノベーションを行うのか、内容やプランをわかりやすく説明してもらう必要があります。
特に設備や建材は実物を見て選ばないと、完成してからイメージと違ったということもあります。
リノベーションで理想のイメージを実現するためには、それなりに手間暇を掛ける必要があります。

リノベーション費用がどれくらいかかるのか事前に把握しづらい

リノベーションを行う際に費用が事前にわかりにくいというのもデメリットの一つとして挙げられます。
事前にきちんと見積もりをとって、ていねいに説明を聞かないと、変更箇所や作業が増えることで予算をオーバーしてしまう恐れもあります。

中古物件は性能・耐震性に不安があることがある

中古物件はさまざまな築年数のものが出ていますが、古いものは性能・耐震性に不安がある場合もあります。
1981年以前の建築基準で建てられている場合は耐震性が低いといわれており、特に一戸建ての場合は経年劣化により、構造部が腐食して耐久性に赤信号が出ている場合もあります。
こうした中古物件の場合は、耐震補強、断熱工事を含むリノベーションを行う必要が出てきます。

実際に住み始めるまでに時間がかかる

中古物件を購入してリノベーションを行う場合、設計・施工の期間があるため、物件を購入してすぐに住むことは難しいでしょう。
まずリノベーション会社を選び、間取りやデザインなどの要望、予算を伝え、プランニングと見積もりを依頼する必要があります。
納得いくプランと見積もりが上がってから、さらに、マンションなら一般的に1ヶ月程度、一戸建てなら2ヶ月程度の工事期間を経て完成。その後入居となります。
理想の住まいにするためにもしっかりと打ち合わせを行う必要性があるため、忙しくて打ち合わせの時間が十分に取れないという方や、一刻も早く住み替えたいという方には向かないでしょう。

実際にリノベーションを行う際には時間も手間も掛かりますが、そこに住む人のライフスタイルに合わせて自由にできるのがリノベーションの良さです。
それぞれのライフスタイルに合わせたリノベーションの方法について検討してみてはいかがでしょうか。