高齢者が快適に過ごせる住まいとは?バリアフリーリフォームが必要な場所について

高齢化社会が進む現代においてバリアフリーリフォームの必要性が高まってきています


本格的な高齢化社会を迎えた現代において、高齢者への配慮がますます重要になってきています。
床の段差を解消したり、廊下に手すりを設けるなど、高齢者だけでなく子供から大人の家族全員が安心・安全に暮らせるバリアフリーのリフォームを行う住宅が増えてきています。
今回は住まいを快適に過ごすことのできる空間に変えるための、バリアフリーリフォームのポイントについてご紹介致します。

バリアフリーのリフォームってどんなことを行うの?


高齢者が階段やトイレ、浴室を利用する時にバリアフリーのリフォームがされていないと意外と苦労する場面があります。
例えば室内で車いすを利用する場合にはちょっとした段差があることで不自由さを感じることがあります。
こういった不便や不自由さを無くしてくれるのがバリアフリーリフォームです。
バリアフリーリフォームの例としては段差の解消や階段やトイレ、浴室への手すりの設置、車いすに合わせて出入口や通路を拡幅させるといったことが挙げられます。
これらのリフォームは高齢化が進んでいる現代において、多くの住宅で取り入れられるようになってきています。

バリアフリーリフォームを行うタイミングはどんな時?

バリアフリーリフォームを行う際には将来を見据えたリフォームを心掛けることが大切です。
バリアフリーが必要になってからリフォームを行うのでは遅いことも考えられるからです。
現在の住まいの安全性を見直すとともに、将来障害となりそうな所をチェックし、できるだけ早い時期にバリアフリーリフォームを行うと良いでしょう。

住まいの場所別のバリアフリーのリフォームが必要な場所について

段差を解消するリフォーム


バリアフリーリフォームで最初に取り組みたいのは、段差の解消です。
住宅内での転倒事故を防ぐためには、床の段差を解消する必要があります。
玄関や浴室などどうしても段差ができてしまう部分にはスロープを設置したり、床の底上げを行いましょう。
部屋の仕切りやドアのわずかな段差も、高齢者の方や車いすの方にとっては危険です。
ちょっとした箇所を見逃さないようしっかりチェックしておきましょう。

手すりを設置する


高齢者の方が階段や廊下、トイレ、浴室を利用する時に設置してあると安全なのが手すりです。
上記の箇所はバランスを崩しやすい箇所でもあるので、前もって設置しておくと良いでしょう。
手すりには体重がかかるので、壁にしっかりと固定することが大切です。
手や指にフィットするものを選び、使う人が握りやすい高さに設置しましょう。
手すりの設置にあたっては、しっかり壁の下地工事を行いう必要があります。
また、設置する高さや位置も使う人に合わせてつけることが大切です。

ドアなどの出入り口をリフォームする


住宅に設置されているドアの種類は主に、引き戸、開き戸、中折れ戸の3種類あります。
それぞれのドアに特徴があり、使う人に合わせて選ぶことが大切です。それぞれのドアの特徴は次の通りです。
引き戸は車椅子の方でも開閉がしやすく、2枚型と3枚型があり、開けた時の引き込むスペースが必要になります。
足腰が弱くなっていたり、車椅子を利用している場合、出入り口は引き戸にすると良いでしょう。
なお、引き戸にできない場合も、ドアの取っ手をレバー式にすることで、開けるときの力が少なくて済みます。
開き戸はあまり力をかけずに開閉することが可能ですが、ドアが開く向き(引き戸か押し戸)によって、車椅子での開閉が困難になることがあります。
中折れ戸は浴室で使われることが多いドアです。
開閉するにはある程度の力が必要となりますが、開き戸に比べて開閉スペースを取らないというメリットがあります。

階段や廊下を拡張する

階段は、できるだけ緩やかな傾斜になるようにリフォームすると良いでしょう。
廊下については、幅が85cm以下だと車椅子での移動ができないため、拡幅工事を行なう必要があります。
安全性を考慮すると、居室スペースを多少犠牲にしてでも、階段や廊下を広くすることに配慮したいですね。

浴室・トイレをリフォームする


浴室やトイレは、高齢者の部屋の近くになるように設置するのが理想的です。
冬場は浴室と室内の寒暖の差が激しいと血圧が上がり、高齢者の身体に負担がかかってしまいますのでトイレや洗面脱衣室、浴室にはできるだけ暖房器具を取り付けるようにすると良いでしょう。
また、浴室の出入り口の段差を解消して、浴槽のまたぎの高さを低めにすると、出入りが楽になります。
床タイルは滑りにくい物を選び、必要な場所には手すりを設置しましょう。
トイレについては、横にスペースを広げておくと、車椅子でもスムーズに入ることができる上、介助が必要となった場合も対応することもできます。

バリアフリーリフォームを行って家族全員が快適に過ごせる住まいへと変身させましょう

住まいの各場所それぞれに使う人に見合ったバリアフリーリフォームを行うことで、より快適な暮らしが実現します。
バリアフリーリフォームを行う際には介護保険などを活用できる制度もありますので、お得にリフォームを行いましょう。