トイレをリフォームするメリットとは!?一番人気の理由

なぜトイレリフォームは人気なのか

トイレリフォーム
家族が毎日使用するトイレは常に清潔で綺麗を保ちたいですよね。
スーモリフォームが2016年の「リフォーム経験者に聞く! リフォームしてよかった場所ランキング」でも1位に輝いたのがトイレです。
引用:https://suumo.jp

トイレリフォームの種類

組み合わせ便器

組み合わせ便器
組み合わせ便器は最も普及している種類で、便器とタンクと便座がそれぞれ独立しているのが特徴です。ウォシュレットを付けたい場合はウォシュレット付きの便座を後から取り付けることも可能です。タンクに水が溜まるまでトイレを流すことが出来ないというデメリットはありますが、価格が安いため人気は高いです。

一体型トイレ

一体型トイレ
便器・タンク・便座(ウォシュレット等)が全て一体になっているトイレです。手洗付きとそうでないものと選択することも可能です。メリットは全て一体になっているため掃除がとっても楽なこと。汚れが溜まりやすい死角が少ないため見た目にも清潔です。ただし、タンクに水が溜まるまで流すことが出来ない点と、全て一体になっているためどこかが破損した場合全てを交換しなければならないことはデメリットと言えるでしょう。

タンクレストイレ

トイレリフォーム
タンクレストイレは水をためるタンクがないことが特徴です。タンクがないことでコンパクトでスタイリッシュ、デザイン性が高いことが最大のメリットといえます。また、これまでのタンクに水が溜まるまで流せないというデメリットが解消されます。ただし、高価格であること、水圧の弱い場所には設置出来ないというデメリットがあります。

システムトイレ

システムトイレは手洗い器や収納を好みに合わせてカスタマイズ出来るトイレ空間全てセットになった商品です。便器の交換だけでなく全てを丸っとリフォームするため、カタログで見たままの機能性があり美しいトイレ空間を手に入れることができ、リフォーム後の満足は極めて高いです。ただし、トイレの広さによっては設置不可能な場合もあります。また、便器の交換と違い工事に時間が長くなってしまうことがデメリットでしょう。

トイレをリフォームするメリット

水道代が節水できる

節水
各家庭の水道代のうちトイレが占める割合をご存じでしょうか?
2007年の東京都水道局の「一般家庭水使用目的別実態調査」によると、一般家庭における水道使用量の28%をトイレが占めています。ちなみにお風呂は24%です。
引用:東京水道局
実際に、お風呂の水を節約することはあってもトイレの水を節約することはあまりないはずです。
最近では各住設メーカーが節水できるトイレを次々と発表していますので、リフォーム前の古いトイレをお使いのご家庭からのリフォーム依頼が人気なのもうなずけます。

とにかく掃除がラク

掃除
あるハウスクリーニング業者はトイレ掃除の後に、歯医者さんが患者の口の中、特に歯の裏側を見る時に使うデンタルミラーで便器の隅々までチェックします。従来のトイレには接続部分や死角が多く、しっかりとチェックしないと隙間に残ったカビがすぐに繁殖してしまうのだとか。
その点近年のトイレは接続部分や死角が少なく、フチの裏に凸凹がないため、拭き取りやすい形状になっています。見えない裏側をブラシでゴシゴシする必要はありません!また、表面に蓄積される黄ばみも従来のトイレに見られた特徴ですが、最新のトイレは表面に汚れがつきにくい加工が施してあるため経年劣化とても強く、流すたびに泡で自動洗浄してくれるトイレなども登場していますのでますますトイレ掃除の負担から解放されることでしょう。

新しいトイレで生活を変えよう!

トイレは水回りの中でも一番汚い印象があるうえ、従来のトイレは溜まった汚れは落ちにくく、しかも経年劣化も汚らしく見えてしまいます。
そんなトイレ空間が新品で清潔で美しく生まれ代わり、臭いまで一新されるとなると、大多数の方が感動を覚えるのもうなずけます。
現在リフォームをお考えの方には是非トイレリフォームをおろそかにしないことをお勧めします!

また、当社では定期的にモデルハウスの完成見学会を行っております。
ご家族皆さまで奮ってご参加くださいませ。

トイレリフォーム