【アイランドキッチン・ペニンシュラキッチン】対面式のオープンキッチンの種類とメリット、設置時の注意点

アイランドキッチン

キッチンの種類とメリットと導入時の注意点

ファミリー層が住む事が多い一戸建ては、なんと言っても奥様が主役。
そして奥様が1番よく使う場所は、キッチンですよね。

今日はキッチンの種類と、どのような時にメリットを感じるのかをご紹介します。

「対面式キッチン」か「対面式ではないキッチン」か。

では種類のご説明に入る前に、まずはキッチンにはどのような種類があるかを予習しておきましょう。
大きく分けて「対面式キッチン」か「対面式ではないキッチン」に分ける事ができます。

対面式キッチンと対面式ではないキッチン

対面式のメリットは、子育て世代に人気の一つである、「料理をしながら家族の様子が確認できる」という点です。
マンションやアパートなどではキッチンスペースは壁に向かって料理をするようなスタイルか、キッチンだけ独立した空間にあるかのどちらかが多いです。
一戸建てに住むときに対面式キッチンは誰もが一度は憧れたのではないでしょうか。
それは家族の顔が見えるだけではなく、導線の確保のしやすさもあると考えています。

今回は対面式のオープンキッチンの2つをご紹介します。

どこにも面していない独立したキッチン、アイランドキッチン

どこにも面していない独立したキッチン、アイランドキッチン
アイランドキッチンは、イメージしやすいものとしては家庭科と調理実習の先生用のキッチンです。
後ろはホワイトボード、目の前は通路と生徒が使うキッチン。
後ろも横も壁に面しておらず、完全に独立したキッチンですよね。
あれがアイランドキッチンです。

もちろん学校の調理室だけでなく、一戸建てにもアイランドキッチンは取り入れられているんですよ!

アイランドキッチンのメリット

キッチンからリビングやダイニングへの移動が制限されず、複数人でキッチンに立っても使いにくさを感じにくい点です。
ダイニングスペースではキッチンが主役ですので、家族でしたらママが、パーティーでしたら主催者がメインになれる空間です。
ただ家族の料理を作るだけではなくホームパーティーなど友人を招くことが多いのであればとてもお勧めなキッチンです。

またあまりメジャーなキッチンではないため、SNSなどでは映えそうですね!

アイランドキッチンにした時の注意点

導線を考えて、リビング・ダイニングにある程度の広さが必要

アイランドキッチンにする場合、周囲の導線や住居スペースの確保が課題です。
リビングが広い間取りの場合は取り入れやすいですが、導線に制限が出てくる場合は別のキッチンの方が使い勝手が良い事もあります。

間取りや広さをプランナーと相談しながら決めましょう。

対応設備に制限があるので、自由なデザインを選べないこともある

一般的に取り入れられているのはどこか1点でも壁に面しているキッチンですので、アイランドキッチンのような換気扇が天井しか面していないタイプですと、選べる種類が減ります。
「テイストやカラーなどが減ってでも設置したい」「今あるデザインの中で気に入ったのがある」という場合でしたらアイランドキッチンを設置した後に後悔する事は少なそうです。

ニオイ、油跳ねなどお手入れでの課題

コンロ部分も飛び跳ね防止のガラスはあるものの、高さは十分とは言えない事もあります。
また、360度キッチンが丸見えですので、シンクやコンロなどのお手入れはしておく必要があります。
煮物などあまり油跳ねをしない料理でしたら問題はありませんが、揚げ物や高熱での炒め物などを行った後は、キッチン周りのフローリングを毎回掃除する必要があります。

オープンキッチンで実際に取り入れられている例も多い、ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン
キッチンの左右どちらかが壁に面しているキッチンの事をペニンシュラキッチンと言います。
ペニンシュラとは半島という意味で、島(キッチン)が壁に片側くっついたので、半島(ペニンシュラ)と呼ばれています。

アイランドキッチンほどスペースが必要でなくても取り入れる事ができ、リビングに背中を向けるような壁付けキッチンとは違いリビング側を見ながら料理ができます。
このことから子育て世代にはとても人気な形状のキッチンです。
コンロ周りが油跳ね防止のためにガラスが設置されているタイプもあれば、コンロ周りのみ壁で囲っているタイプまであります。
火を使った料理はリビング側にいても危険ではなく、作業台やシンクを使っている時は壁が無いので会話をしながら料理ができるのがメリットです。

ペニンシュラキッチンにした時の注意点

油跳ね防止がガラスだと料理方法によっては床が汚れる

ガラスの油飛び跳ね防止のガードが付いていても、うっかり高温で揚げ物をしてしまった時には油がガードの高さより高く飛びますよね。
その時にはガラスも、ガラスの向こう側のダイニングの床も掃除する必要があります。

アイランドキッチンより導線の制限がある

片側のみの導線となりますので、キッチンスペースがあまり広くないお家ですと、食後の家族が食器を片付けに来るときにはキッチンが大混雑という事はあります。
ただ、スペースとの兼ね合いであまり気にしていない場合は注意点にはならないかと思います。

ご自宅のリフォーム時、どのキッチンが合うのかのアドバイスはリフォーム会社のプランナーに相談してみましょう。

ご自宅のリフォーム時、どのキッチンが合うのかのアドバイスはリフォーム会社のプランナーに相談してみましょう。
オープンキッチンは昔から人気のキッチンではありますが、広さや条件の制約が他のキッチンに比べ多いのが特徴です。

オープンキッチンを取り入れた後に、思ってたより部屋が狭くなってしまった…と公開しないリフォームをしましょう。
広さや間取り、叶えたいリフォームのイメージなどを全てお聞かせいただき、株式会社協大工業で形にしませんか?

まずはご来社いただきお話しを聞かせてください。

アイランドキッチン