キッチンのリフォームで失敗しないために気を付けたいポイント

キッチンのリフォームを行う際によくある失敗とは?


キッチンをリフォームしようと考えた時に、キッチンは日常生活において最も利用する場所の1つなので、リフォームの失敗は何としても避けたいですよね。
事前にキッチンリフォームの知識を知っておくことで、リフォームの失敗を事前に防ぐことができます。
そこで今回はキッチンリフォームでよくある失敗例から、キッチンのリフォームで気を付けるべきポイントについてご紹介致します。

キッチンのリフォームでよくある失敗例 キッチンの高さが合わない


キッチンのリフォームで見過ごされがちで、失敗も多いのがキッチンの高さが合わないということです。
普段キッチンの高さというのはあまり意識することはありませんが、キッチンの高さが合わないとそれだけで使いづらいキッチンになってしまいます。
キッチンは立って作業を行う場所なので、キッチンの高さが低すぎると腰や首に負担が掛かり、逆に高すぎる場合は肩に負担が掛かります。
身長に対するおすすめのキッチンカウンターの高さは(身長÷2+5)㎝だと言われています。
例えば身長160㎝の方であれば最適なキッチンの高さは85㎝となります。
リフォームを行う前に自宅のキッチンの高さを測ってみて、使いやすい高さであるかどうか確認しておく必要があるでしょう。
また、実際にキッチンでの動作を行い、一番使いやすい高さのものを選びましょう。

キッチンのリフォームでよくある失敗例 シンクが大きすぎて使いづらい


シンクは大きい方が使いやすいと思いシンクのスペースを大きくした結果、調理スペースが狭くなってしまい、使いづらくなったというケースがあります。
最近のキッチンはシンクが大きめのサイズのものが多くなっていますが、寸法に余裕のない中で大きなシンクを設置した場合に調理スペースが狭くなってしまったということがあります。
キッチンを選ぶ前に今使っているキッチンのシンクのサイズ、調理台の幅などパーツごとのサイズを確認しておく必要があります。
その際に今よりも狭くなるスペースがある場合は、思い切ってキッチンサイズを広くとることは可能かどうか、調理台にあるものを移動させることができるのかどうかを検討する必要があります。

キッチンのリフォームでよくある失敗例 新しく購入したキッチン家電を置くスペースが無い


以前はキッチンで使用する家電といえば炊飯器や電子レンジでした。
しかし、最近ではミキサーやフードプロセッサー、コーヒーメーカーなど電源を必要とするキッチン家電を普段使いする家庭が増えてきています。
そのため、新たに購入したキッチン家電を置いたり、使用するスペースが無いといった問題が発生します。
オーブンレンジはどんどん機能が増えたものが登場し、サイズも大型化してきているので広いスペースを確保する必要があります。
キッチン家電の多くはコンセントを必要とするのであとから設置場所を変えることが難しくなります。
常に使用するキッチン家電はしっかりとサイズを測って、事前に置いておく位置を決めておく必要があります。
また、どこでも使えるように予備のコンセントを設けておくと便利です。
せっかくキッチン家電を購入してもキッチン内に置いておくスペースが無いと、使用する機会が無くなってしまいます。
予めキッチン家電を収納できるスペースを作っておくと安心できますね。

キッチンのリフォームでよくある失敗例 キッチンの汚れが目立ってしまう


リフォームする際のキッチンの色は清潔感のある白が人気です。
白は清潔感があるだけでなく、周りとの調和がとれる色なので人気がありますが、汚れが目立ちやすいという欠点もあります。
同じ白であっても、完全な真っ白ではなく、ベージュやグレーが混じっている色のものや模様があるものを選ぶだけで汚れが目立ちにくくなります。
キッチンは毎日使用する場所なので、汚れた時にどうなるのかという部分についても考えておく必要があります。

事前の準備をしっかりと行って失敗のないキッチンリフォームにしましょう

キッチンはリフォームをする際に最もこだわりを活かせる場です。
あれもこれもと詰め込むだけでなく、それぞれのライフスタイルに合わせ、本当に必要なものを取り入れていくことで、本当にこだわりの詰まった理想のキッチンを作りあげることができます。
リフォームを行う際には事前の準備をしっかりと行って、失敗のないリフォームにしていきましょう。