キッチンのスペースを有効活用したい!キッチンの吊り棚の活用方法とは?

キッチン備え付けの吊り棚を活用してみましょう


毎日使用するキッチンには調味料や食器、調理器具など多くのものを収納しなければなりません。
ついつい物が増えてしまいがちなキッチンでは少しでも多くの収納スペースを確保したいですよね。
そんな時に便利なのが吊り棚を有効活用することです。
今回はキッチンに備え付けられている吊り棚の活用方法についてご紹介します。

キッチンの吊り棚を活用するメリット

キッチンの吊り棚のメリットとして床を使用しないので、天井に空いている空間を有効活用できるということが挙げられます。
吊り棚は扉が付いていて開け閉めのできるものが多いですが、最近ではオープンタイプの吊り棚も増えてきています。
オープンタイプの吊り棚は採光を確保できるだけでなく、キッチンを明るく開放感のある空間にしてくれます。


▲当社で設計したモデルハウスのオープンタイプの吊り棚です。

収納スペースを増やすことができる

吊り棚を活用することで収納スペースを増やすことができるというメリットがあります。
普段キッチンで使用しないものをしまっておいたり、調味料を置いておくなど、吊り棚には様々なものを収納することができます。
キッチンカウンターに置いておいたものを吊り棚に収納することによって、キッチン周りをすっきりとさせることができます。
吊り棚を有効活用することによって、キッチン周りの整理整頓が容易になります。

キッチン周りのスペースを有効活用できる

キッチン周りの収納スペースを確保するために食器棚や収納ラックを置いたりしている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、食器棚や収納ラックを設置するにはキッチン周りの設置場所を確保しておく必要があるため、キッチンスペースが狭くなってしまうことがあります。
そんな時には吊り棚があると便利です。
吊り棚はキッチン上部のデッドスペースを利用して設置されているので、食器棚や収納ラックに収納していた物をしまっておくことでキッチン周りのスペースを確保することができます。

子どもが触ると危険なものを収納できる

キッチンには包丁やはさみ等お子さんが触ると危険なものが数多くあります。
そんな時に吊り棚に包丁やはさみなどをしまうことで、お子さんが誤って触れてしまうという心配が無くなります。
他にも食べ過ぎを防ぐためにお菓子を隠しておくこともできます。

キッチンの吊り棚の活用方法について

収納ストッカーやファイルボックスを活用する

吊り棚に使いやすく収納するには収納ストッカーやファイルボックスを活用すると便利です。
取っ手が付いている収納ストッカーを使用すると、高い場所にある吊り棚からでも物が取り出しやすくなります。
また、透明なストッカーを使用することで中身が見えやすくなり、人目で何が入っているのかを判断することができます。
それからファイルボックスを使用した収納もおすすめです。
書類等を収納するファイルボックスにカテゴリー分けしてキッチン用品を収納することで見た目をすっきりと、どこに何があるのかが人目ではっきりとさせることができます。
ファイルボックスを使用することで統一感が生まれ、シンプルなデザインのものを採用するとスタイリッシュな印象を与えることができます。

調味料やアルコールのボトルを並べる


オープンタイプの吊り棚の場合は魅せる収納として、おしゃれに収納する方法もあります。
調味料の容器を統一し並べたり、中身が見えるようにガラス製の容器にすると分かりやすくおしゃれな印象になります。
また、アルコールのボトルを並べるのもおすすめです。
ボトルを並べる時には高さを揃えてあげると統一感が出て、すっきりとして見えます。

吊り棚に植物を飾る


吊り棚にはキッチン用品を置く以外の活用方法があります。
オープンタイプの吊り棚の場合に、吊り棚の部分に植物を飾るという活用方法です。
お部屋に植物を飾っているという方も多いと思いますが、お子さんがいたりペットを飼っていたりすると植物に手を触れてしまったり、鉢を倒されてしまう危険性もあります。
そんな時には吊り棚に植物を置いてみるのはいかがでしょうか。
高い場所に植物があることで空間の彩りになるだけでなく、オープンタイプの吊り棚は通気性が良いので、植物を育てる環境にも適しています。

キッチンの吊り棚を活用してキッチンスペースを有効活用してみませんか?

今回はキッチンの吊り棚の活用方法についてご紹介しました。
吊り棚は上手に活用することで、キッチン周りのスペースを確保したり、敢えて収納物を見せることでおしゃれな空間にすることもできます。
備え付けのキッチンの吊り棚を思い切って有効活用してみてはいかがでしょうか。