【I型キッチン・L型キッチン】対面式のセミオープンキッチンの種類とメリット、設置時の注意点

対面式のセミオープンキッチンとは

キッチンの種類は多岐にわたりますが、まず大きく分けられるのは「対面式キッチン」か「対面式ではないキッチン」かという点です。
対面式キッチンと対面式ではないキッチン
対面式のキッチンの特徴は解放的である事、家事をしながらリビングの子供や家族の様子を見る事ができる安心感があります。
対面式ではないキッチンの特徴は、料理に集中できる事、油汚れなどがキッチンスペース以外に広がる心配がない事があります。

それぞれ特徴があるキッチンですが、さらに詳細を知る事で、あなたのお家のリフォーム計画でどのキッチンを入れるか目安として知ることができます。

このようなお悩みがありましたら是非参考にしてみてください。
今回はセミオープンキッチンである「I型」「L型」キッチンの特徴とメリット、導入時の注意点をまとめています。

省スペースで使い勝手の良いI型キッチン

I型キッチンはシンクとコンロが横並びになっている、多くのご家庭で採用されているキッチンです。
壁の方を向くタイプと、リビングの方を向くタイプ、どちらもI型キッチンで叶える事ができます。
キッチンはメーカーなど種類によってキッチンの奥行や間口(横幅)が異なります。
キッチンをリフォームする際には後悔のないようなリフォームをしましょう。