ウッドデッキをリフォームする時のポイントは?どんな素材を選べばいい?

ウッドデッキをリフォーム

第2のリビングとして今ウッドデッキが大人気です。
最近はホームセンターで材料をそろえてDIYする方も増えていますが、板と板の隙間やがたつきなどが出てきてしまうと危険もありますし、やはりプロの業者に頼むのがおすすめです。
今回はウッドデッキのリフォームについてご紹介します。

ウッドデッキの種類について

ウッドデッキの素材には天然木のウッドデッキと人工木のウッドデッキの二種類があります。
それぞれの特徴は次の通りです。

天然木のウッドデッキ

天然木のウッドデッキは実はトラブルがとても多いです。
その代表としては、そり・色褪せなどです。
ウッドデッキに使用される木材は主にパイン材、杉材、ヒノキ材などがあります。
これらの木材は、経年劣化による腐食やシロアリによる被害などが起こりやすい木材であり定期的なメンテナンスが必要です。
ただしメンテナンスをしていても約10年程度でダメにになってしまう可能性もあります。

もちろん中にはウリン、イペといった30年以上劣化しない木材も存在します。
これらの木は鉄の木とも言われ、強度と耐久性が高く、ゆがみや割れがほとんど起こりません。
また、耐腐食性にも優れており、塗装の塗り直しなどを行わなくても腐食することもありません。

人工木のウッドデッキ

人工木のウッドデッキは木材のようにデザインされ、木粉とプラスチックを混ぜて作られてたものです。
見た目には木ですが、天然木と違い、虫や腐食、そりや色あせの心配がなく、1度設置してしまえばほとんどメンテナンスの手間がかからないのもメリットです。
屋外に設置するウッドデッキには最適と言えるでしょう。

唯一デメリットを上げるとすると、材料に樹脂を用いているため、直射日光が当たると高温になりやすい点です。
特に夏場は高温になったウッドデッキが部屋の温度にも影響してしまう可能性もあります。
その場合は使用する塗料の色を選ぶ際、高温になりにくいものを選ぶことが大切です。
また、天然木に比べ衝撃に少し弱いのも人工木の特徴です。

価格的には天然木と比べると少し割高になります。

ウッドデッキのアレンジ

ウッドデッキに屋根をつける

上記でご紹介した通り、天然木はそり、色褪せ、腐食、といったデメリットがあるため屋根をつけることでそれを少しでも軽減することができますし、人工木にしても直射日光で高温になりやすいため屋根の設置は積極的に考えることをお勧めいたします。

ウッドデッキに手すり・柵(フェンス)ををつける

ウッドデッキを設置するとウッドデッキで食事をしたり、くつろいだりと外で過ごす時間が増えることでしょう。
そのためにも柵(フェンス)をつけることをお勧めいたします。
外からの目隠しにもなりますし、2階以上の屋外にウッドデッキを設置した場合、転落防止にもなり小さいお子様やペットのいるご家庭にお勧めです。

ウッドデッキを設置して家族とくつろぐ時間を増やしませんか?

暖かい季節はバーベキューをしたり、天体観測用の望遠鏡を置いたり、ウッドデッキがあることで家族と過ごし時間が増え、
ウッドデッキは家族にとってとても大切な場所になるはずです。
ウッドデッキのリフォームをお考えの方は信頼できるリフォーム業者に一度相談してみてはいかがでしょうか。

協大Re:homeにリフォームの事を相談してみませんか?

協大Re:homeでは、住宅資金相談、土地相談、リフォーム外装・内装相談など、初めてリフォームをする方でも安心して進められるようなサポートが充実しております。
また、中古物件の買取、リフォーム後の販売も行っております。
新築は値段がかかりすぎて手が届かないとお悩みの方、新築より費用を抑えて新築のようにきれいなお住まいに住んでみませんか?
建物のデザインだけでなく、インテリコーディネートまでお住まいに関する事は全てご相談いただくことが可能です。

また、当社では定期的にモデルハウスの完成見学会を行っております。
ご家族皆さまで奮ってご参加くださいませ。